神棚のお祀りの仕方

2018年04月05日

神棚をきちんとお祀りする方法を知りたいというコメントがございましたので記事に致します。
ですが、実はネットで検索すれば幾らでも出てきます。特に神具を扱っているお店のWebサイトには詳しく載っておりますので、一般的にはそういった所を参考にお祀りすれば大丈夫です。

それだけではあまり記事にする意味がありませんので、こうしたらいいよ、と元神職のSさんに教えて頂いた事を書かせて頂きます。元神職としての知識だけでなく、現在までにこうした方が良い、これでも問題無いとSさんが感じた経験に基づいたものもあります。
なので、正式に言われている祀り方と違う所もあるかと思いますが、それらを否定するものではございません。御理解下さい。

なお、私自身が詳しい訳では無いので非常に読み難い記事になりますが御容赦下さい。(笑)

原則的には氏神様の神社で御札を授与して頂く時にお祀りする方法を聞いて下さい。
神社や神様によっては稀に一般的ではなく少々独特な方法でお祀りした方が良い場合もありますので、御札を授けて頂いた神社で確認された方が確実です。



まず、神棚をお祀りする御部屋と場所を決めるのですが、御家族が一堂に会する機会の多い御部屋で、出来るだけ外の自然光が入る明るい御部屋の方が望ましいそうです。廊下や扉の上など人の通りが頻繁な場所は避けます。
設置する際は、北側の壁に南向き、もしくは西側の壁に東向きで、やや見上げるくらいの高い位置に設置する方がいいのですが、絶対と言う訳ではないそうです。

神棚を設置する予定の場所で、神棚の正面と背面、両横、上下の直線上に御家庭の水場が来ない位置にする方が良いそうです。部屋や壁や扉を挟む場合であっても、直線上にトイレ、洗面台の流し、キッチンシンク、浴室などが来ないように気をつけます。しかし住宅事情により難しい場合は最低でもトイレだけは直線上に並ばないようにして下さい。
それから、神棚の設置場所の上を人が歩く(集合住宅や一軒家の上階など)場合、神様の頭上を人が歩くことになり失礼に当たるので、神棚の真上の天井に「雲」とか「天」と書いた半紙を張り付けるといいです。

神棚の設置場所は綺麗に掃除するのは当然ですが、出来れば御部屋ごと掃除した方が好ましいです。
日本酒と御浄めの粗塩を使って浄めるのが一番いいそうですが、壁や柱などの材質によっては変色したり染みになる恐れがある(ほぼなります)ので、丁寧に掃除するだけでも大丈夫です。

次に御札を入れる神棚、正確に言えば宮型と言いますが、神殿を模した豪華な物から簡易的な物まで色々ありますが無理に豪華な物にする必要はなく、手頃な価格で入手できる物や簡易的な物でも問題はありません。
宮型で一般的な物は「一社宮」か「三社宮」と言う、扉が1つか3つかの違いです。
「一社宮」であっても御札を重ねて入れるのは構いませんので、その辺りはあまり気にせずに設置スペースなどを考慮して選べばよいでしょう。

宮型を設置する前には、水道水で構わないので手と口を浄めます。神社の参拝の時と同じですね。
出来るだけ清潔なタオルなど(新品でなくても構いません)で手の水分を拭き取ってから、選んだ場所に宮型を設置します。御札はまだ入れなくて結構です。

宮型に授与して頂いた御札を入れる前にも、水道水で構わないので手と口を浄めます。
それからマスクをして下さい。マスクをするのは御札に息をかけないようにする為です。タオルなどで鼻と口を覆っても構いません。これは大事な事ですので必ず守って下さい。

御札は天照大神様の神宮大麻と呼ばれる御札、氏神様の御札、場合によっては他にもお好きな神社(崇敬神社と言います)の御札と言うように複数の御札があると思います。
宮型に入れる前に御札を何処かに置く場合には、綺麗な半紙やタオル(これは新品が良い)を敷いたテーブルや机などの上に置くようにして下さい。床に置くのは絶対に駄目です。
大抵の場合、御札は薄い紙で覆われていて文字が透けていると思います。この薄い紙は汚れないようにする為の物なので通常は取り去りますが、取らなくても大丈夫だそうです。

「一社宮」の場合、前から神宮大麻、氏神様の御札、崇敬神社の御札となるようにお入り頂きます。
正面から見ると神宮大麻が見えている形で、御札は3体くらいまでにしておく方が良いです。
神宮大麻、氏神様の御札は必ずあった方がいいですが、崇敬神社の御札は無くても構いません。

「三社宮」の場合、中央に神宮大麻、向かって右に氏神神社の御札、向かって左側に崇敬神社の御札にお入り頂きます。複数の崇敬神社の御札がある場合も、左側に重ねてお入り頂く形になります。こちらも御札は多くない方が良く、多くても全部で4〜5体にしておいた方がいいです。崇敬神社の御札は無くても構いません。

中にお入り頂く御札以外にも、厄除けや祈願の御札を授与して頂く事があるかと思いますが、それらは宮型の中には入れません。宮型の横に並べて置くようにして下さい。

御札にお入り頂きましたら、米と粗塩と日本酒、お水をお供えします。
本来であれば正式な神具(瓶子二本、水玉、高杯、平皿など)が必要ですが、正式で物でなくても構いません。
百均ショップで売られている小さくて白い丸皿を2つ購入して、綺麗に洗ってから水気を完全に取り、お米と粗塩をそれぞれ少量入れます。(混ぜるのではないです)
お米を入れた方は宮型の正面に置き、粗塩の方はその右側(向かって)に置きます。

日本酒はワンカップでも構いません。お水は小さなペットボトルでも大丈夫です。(開けなくても良い)
これらはお米や粗塩の丸皿の横の空いた所に置いて構いません。置き方にはそれほど拘らなくとも問題無いそうです。

榊もお供えした方がいいのですが無くても構わないそうです。
お供えする場合は榊立(花瓶みたいなもの)が必要です。こちらも百均ショップで売られている物でも充分だそうです。
もし神棚を最初にお祀りする時にお供えするならば造花ではなく、本物の榊を花屋などで購入して用意した方がいいそうです。置き場所は宮型の両脇より少し前で構わないそうです。

宮型の扉の前に御神鏡を置かれる方もいらっしゃいますが、神職の方を呼んで御祈祷して貰い、御神鏡に入って頂くのでない限りは無くても構いません。

ここまで出来ましたら神棚の扉を開けておき、祝詞を唱えます。(もうマスクも取っていいです)
お金はかかりますが神職の方を呼んでお願いしても構いません。でも自分で行なっても大丈夫です。
祝詞なんて分からないと言う方、インターネットで「神棚奉斎詞」と検索すれば出てきます。
こちらは神棚を最初にお祀りした時の祝詞です。ゆっくりで構いません。


普段のお祀りの仕方ですが、こちらが重要な点です。
まず、お供えから。
お供えしたお米と粗塩、日本酒は毎日取り換えると言う方もおりますが、毎日でなく月に1度でも大丈夫だそうです。
下げたお米は出来れば、御家族が炊くお米に混ぜて炊いて食べた方がベストです。数日置いたお米を炊いて食べる気にならなければ、お庭などに来る雀などの野鳥にあげても構いません。
神様からのお下がりになりますので無駄に捨てるのは絶対厳禁です。
粗塩はお庭や玄関前などに、お浄めの塩として撒いて大丈夫です。(捨てた事にはなりません)
日本酒は自分で飲むか、粗塩と同様にお浄めとして撒いても構いません。

お水は毎日取り換える方が望ましいです。
未開封のペットボトルのお水であればすぐに腐る事もありませんので月に一度でも問題ありません。
器に入れたお水の場合で、面倒で何日も放置したままになるなら、お水はお供えしない方がマシだそうです。
下げたお水は傷んでなければ飲んでも構いませんし、飲むのが不安であればお庭やプランターなどの植物にあげても構いません。

榊が本物の場合は毎日榊立の水を換えねばなりません。このお水は普通に捨てて構いません。榊は枯れてきたら取り換えるようにします。
なお、普段は造花でも良いそうですし、特に無くても問題は無いそうです。

一番大事なのは、毎日出来るだけ早い時間に身支度を整えてから手を合わせる事だそうです。
神社の参拝と同じように、まず二拝二拍手します。手を合わせたまま短い祝詞を三度唱えます。
こちらの祝詞は書いておきます。神社にも参拝時の作法として唱えるよう書かれていることも多いです。
「祓え給い、清め給え、神ながら守り給い、幸え給え」
(はらえたまい、きよめたまえ、かむながらまもりたまい、さきわえたまえ)
三度お唱え終わったら、神棚にいらっしゃって下さる神様方の御名前をお呼びします。(〜〜神社の御祭神様という呼びかけでも良いそうです)
日々お守り頂いている事への感謝をします。その後で何か御願い事があればしても構いません。最後に一拝します。
時間にすれば5分もかからないようなことです。余程の事情が無い限り、その家の御主人もしくは奥様のどちらかが必ず行なうようにします。もちろん御家族皆さん揃って行なっても構いませんし、手を合わせたい人が別々に行なっても構いません。

毎日手を合わせる事が何よりも大事な事だそうで、満足なお供えが出来なくとも絶対に欠かしてはならないとSさんは言っておりました。
あと出来れば、御札を頂いた神社には時間のある時で構わないので出来る限り参拝し、普段守って頂いている感謝をすると尚良いと言っておりました。


ああ、また長くなってしまった。簡潔に書けない文章力が恨めしい。^^;

posted by 未熟な修行者 at 22:53 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

意外と凄い結界でしたD

2018年03月29日

当初、思っていたよりも長くなってしまいました、これで終わりになります。^^;
続きです。

Sさんの祝詞奏上が終わりました。
「はい、これで全て終わりました。もう大丈夫ですよ」
御夫婦がホッとした顔になります。息子さんは途中で飽きちゃってたみたいですが。(笑)
「いや〜、途中で明らかに感じが変わりましたね〜」
とY君。
すると奥様が
「私も何となくですけど雰囲気が変わったと思った瞬間に、Yさんが『おっ』って言ったので、ああやっぱりそうなのかなって思いました」
と言います。
どうやら御主人より奥様の方がその辺りは敏感に感じ取れるようです。

それはともかく、Y君が何か落ち着きが無くなっています。どうしたのかと思ったのですが
「霊が入れないか試してみたいな〜、いいですかね〜?」
と言い出しました。
Sさんが苦笑しながら
「いいですよ、神様の力を試すと言う訳ではなく安全確認と言う事で」
と答えると、Y君がウキウキしながら玄関先に出ていきます。皆でY君の後についていきました。
Y君が御宅の敷地の外に出て、その後に敷地内に戻ります。
「お〜、すげ〜、中と外で全然違うね〜」
と出たり入ったりを繰り返しているので、私もやってみました。
確かに敷地内と敷地外では結界を張った部分を境にして、肌に感じる空気感のようなものも全然違います。敷地内では爽やかな感じで何だか頭もハッキリするのですが、敷地外だとネットリした空気で若干視界がぼやけるような頭が僅かに重いような(初期の鼻風邪の時みたいな)感じがします。最初にこの御宅に来た時にはまったく気付かなかった(Sさんしか分からなかった)ですが、結界を張ってみると内と外で違う事がハッキリ分かります。これほど違うとは驚きでした。
奥様も試して、一歩入るだけでスッキリした感じがする、と言っていました。
ただ、御主人はあまりよく分かっていないようでしたが。^^;

Y君が
「ん〜、あそこにいる霊が入れるかな〜。息子さんに霊を憑けて試すわけにはいかないし〜、どうしよ〜」
と言い出しました。
やっぱりそう来ますよね…私に憑けてみるのでしょうね。^^;
1体しかいなくなってましたが、少し離れた所に立っていたその霊の近くまで行き、Y君に憑けられました。正確には後をつけてくるだけで、とり憑かれたという程のものではありません。
憑けてもらった瞬間にそこそこ不快感に襲われたので、あまりいい感情を持った霊では無い(悪い霊と言う程ではないですが)のでしょう。
「この霊、結構気持ち悪いんだけど」
と言う私の抗議は当然の事ながらスルーされまして
「はい、そのまま家まで行くよ〜」
とY君は楽しそうです。

御宅の方に向かって歩いて行って敷地に入った瞬間に、霊が離れたのが私にもわかりました。
「おお!」
と私とY君。
霊は私が足を踏み入れる直前の敷地外に暫く佇んだ後に、そのまま遠くに移動していきました。
「息吹でしたっけ、前にSさんに霊を祓って貰った時の感覚によく似てますね」
と私が言うと
「そうですね。この結界も息吹も神様の力を借りての事なので似ているのでしょうね」
とSさん。
この後にY君がもう少し強い霊ならどうなんだろうと言い出しました。もちろん冗談ですが。^^;
Sさん曰く、どんな霊が来ても絶対に安全と言う訳ではなく、Sさん自身が神様に祈願した力を上回るような霊であれば効果が弱いかも知れない、しかし弱い結界であっても無理矢理に通り抜ければ霊にもダメージがあるし、家の中にはきちんと神様がお祀りされているので入り込めば更にダメージがあるので通ろうという霊はまずいないはず、更に御家族がきちんと神棚をお祀りし続ければ神様の力は強くなるので、そういった意味でも入って来れなくなるだろうとの事でした。

この後で、Sさんから御夫婦に説明がありました。
長く結界を有効に保つために色々と細かい約束事もあるのですが、原則となるのは毎日なるべく朝早めの時間に神棚に手を合わせて感謝と守って頂けるようお願いすると言う事が大事なのだそうです。
「要は失礼の無いようにきちんと神様に感謝とお願いをしていれば、この御宅を守り続けて下さいますから」
とSさん。

誤解を避ける為に書いておきますが、今回は家を建てた場所の正面が偶然に霊が通りやすい道であり、その道から玄関までの間に簡易的な結界になる塀なども無い、しかし両隣と背後の家には簡易的結界になり得る塀などがあるので入ってきた霊が出にくくなってしまっている、更にはどうやら息子さんが霊を呼び寄せてしまい易い感じがする、これらの要因が重なっていると思われる為に結界を張り、きちんと神棚をお祀りした方が良いと言う判断をしたそうです。
このように結界まで張らねばならないケースはそれほど多くないそうで、わざわざ別に結界を張らなくても、きちんと神棚をお祀りしているだけで家の壁自体が結界のようになって守られる事もあるそうです。

Sさんが言っておられましたが、今時の若い御家族の御宅だと神棚が無い事も普通に多いですが、それなりの御年の御家族がいらっしゃる御宅などで神棚があってもきちんとお祀りされていない為に、ただ神棚があって中に御札が入っているだけの状態になってしまっている事も多いそうです。
滅多にある事では無いそうですが、中には誤ったお祀り方をしている為に良くない影響が出てしまう場合も無いわけでは無いので、お祀りするならきちんとお祀りする事を心掛けるべきだそうです。


例によって長くなりましたが、これで終わりです。^^;

posted by 未熟な修行者 at 00:55 | Comment(16) | 日記

意外と凄い結界でしたC

2018年03月26日

続きです。

SさんがY君に
「ひとまず結界を張ってしまいますので、もう少し見張っててください」
そして奥さんとお子様には
「少々時間がかかりますので、こちらにいて下さい」
と言い、Y君の傍にいるように指示します。

それからSさんと御主人、私の3人は玄関側とは反対の家の裏に向かいます。
御主人に
「では、今から結界を張っていきます。私が指を差しながらゆっくりと歩きますので、そこに線を引くような感じで少量の日本酒を撒いていって下さい。線と言っても多少途切れるたりするのは問題ありません。ただ、土地をぐるっと囲むようにしますので途中で切らしてしまわないよう指で塞いで調節しながら少量を撒いていって下さい」
私には
「続けて、日本酒をまいた所にお清めの塩で線を引くように撒いて下さい。こちらも多少途切れたとしても大丈夫ですので、少量で構いません」
と言います。

「では、私が指を差したら、それぞれ撒きながらついてきて下さいね」
Sさんは2度軽く柏手を打ってから、祝詞を小声で唱え始めました。
時間にして3分くらいだと思います。
後から聞きましたが、家の裏手で祝詞を唱え始めたのは御近所から奇異な目で見られる事を避けるためだそうで、小声なのも同様の理由だそうです。

祝詞を唱え終えったSさんは一度深く頭を下げてから、すっと地面を指差し小声で何かを繰り返し唱えながらゆっくり歩き始めます。
そこに御主人が日本酒を少量ずつ撒いて、私がその上から粗塩を撒いていきます。
凄く狭くなっている場所もありますし、撒き方がぎこちない事この上ない(笑)ので、一周するのに10分程かかったと思います。
何とか一周終わって元の場所に戻ると、Sさんは再び小声で祝詞を唱えます。今度は30秒もかかっておらず最後に深々と頭を下げます。

「はい、ここは終わりです。まだとりあえずの形なので再び神棚に行きますよ」
そうSさんが言い、玄関前へ戻りました。
Y君と待っていた奥様とお子さんに向かって
「とりあえずの形ですが結界は張りましたので入って来ないと思います。強い結界にするために再び神棚の所に行きましょう」
と告げます。
この時点で、私は結界が張られて何かが変わったという感じはしませんでした。清浄になった感じがしたりするのかと思っていたのですが。Y君もこの時点では何も変わった感じはしなかったと言っておりました。

全員が神棚の前に集まると、Sさんがお子さんに向かって
「ここには神様がいるんだよ。このお家に変な人が入って来ませんように、神様守って下さいって御願いしようね」
と言うと息子さんが頷きます。
この後はSさんの指示通りに、全員で二礼二拍手一礼、そしてSさんを除く全員は手を合わせて軽く俯いたままで、この家と家族を守って下さいと念じ続けます。
Sさんが祝詞を奏上し始めます。
外とは違って小声ではありません。大声と言う訳でもないですが良く通る声で、さすが元神職です。
結構長かったです。
後から聞いた話では神棚に神様をお祀りする際の祝詞、御宅と家族を守って貰う事を願う祝詞、張った結界を神様の力で強く永く保って貰う事を願った祝詞、これらをすべて合わせた祝詞なので長かったのだそうです。

実は祝詞の途中で空気と言いますか、家の中の感じが急に変わったのがはっきりと分かりました。
ピシッと張り詰めたような、喩えて言うなら朝早い時間の神社の聖域のような感じです。
私自身は暗いとは感じてはいなかった(Y君は最初から薄暗いと感じていた)のですが、急に明るくなったようにも感じました。
Y君も私と同時にそれらを感じたようで、祝詞の最中だと言うのに
「おっ!」
と小さく声を出していました。^^;


すみません、あと少しでこのお話しも終わりなのですが睡魔が。(笑)
続きます。


posted by 未熟な修行者 at 23:06 | Comment(5) | 日記