薬師如来

2018年04月30日

仏様方の御紹介の第五弾です。
私は真言宗系ですので、真言宗での仏様のお話であり、目一杯の独断と偏見に満ちております。(笑)
また、御紹介する仏様の順序には特に意図はございません。
なお、他宗派での教えに異論を挟むものではございませんので御理解下さい。

病気平癒、身心健康という現世利益の仏様として信仰の篤い仏様である薬師如来様です。

日本での名前:「薬師如来(やくしにょらい)」
       「薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)」
梵名:「バイシャジヤ・グル」
   「バイシャジヤ・グル・バイドゥールヤ・プラバ・ラージャ」

「バイシャジヤ」と言うのは「医療」とか「薬」という意味が、「グル」は「導師」とか「尊師」とか「指導者」の意味があります。
「バイドゥールヤ」は「瑠璃」、「プラバ」は「光り輝く」、「ラージャ」は「王」とか「君主」と言った意味があります。

少し脱線しますが、インドで強大な権力を持つ豪族や王を「マハラジャ(正確にはマハーラージャ)」と呼ぶのを御存知かと思います。「マハー」が偉大、「ラージャ」が「王」を意味するわけで、ここで言う「ラージャ」と同じです。
話しを戻します。(笑)

薬師如来様は飛鳥時代から信仰されてきた仏様で、東方浄瑠璃世界という仏土(浄土)の教主です。

12の大誓願を起こしましたが、その中に「衆生を健康にしたい」、「衆生の病を癒したい」という誓願があったためか、病に対して特に功徳があるとされ多くの信仰を集めるようになりました。

左手に薬壺(やっこ)を持っている像が有名です。
この薬壺にはあらゆる病気を治す薬が入っているとも、悟れず迷っているが故の病を治す薬が入っているとも言われます。
日光菩薩像と月光(がっこう)菩薩像を脇侍とした三尊像で祀られている事も多いです。
また、眷属である十二神将像が共に祀られたり、薬師如来様の光背に配置されている事もあります。
しかし、平安時代より前の初期の像では薬壺を持っておらず、釈迦如来像と同じ印を結んだ像が多い為、薬師如来様一尊だけの像の場合は非常に見分けがつけにくいです。^^;

不思議な事に弘法大師様が請来した金剛界と胎蔵界の両部曼荼羅図には薬師如来様の姿は描かれておりませんが、金剛界曼荼羅の成身会(じょうじんね)の東方に配置された阿閦(あしゅく)如来様と同体という説もあります。


念の為に言っておきますが、病を癒す仏様だからと言って祈ればどんな病でも治ると言う訳ではありません。
まずは実際に現代の医療を受ける事です。
その上で祈れば、正しく生きてきた信仰深い人に対しては薬師如来様が実際の医療の効果に少し手を貸してくれるかも、と言う程度と思っていた方が宜しいかと思います。
本人の業を何とか出来るのは本人だけと御釈迦様も説いておられますが、本人の業による病であるなら如何ともし難いのではないかとも思います。
本当は、立場上こんな事を言うのは良くないのですが、薬師如来様の名前を持ち出して悪用する怪しげな新興宗教も多いので。^^;

posted by 未熟な修行者 at 00:46 | Comment(10) | 日記

超凹んでました

2018年04月16日

少々前の事なのですが。
私が凹んでいたのではなく、Y君とSさん、それからもう一人少々力のある方が凹んでおりました。
3人から同じ件で超凹みまくった内容のメールが来ました。特にSさんの凹みようが凄く、Y君に至っては怒り半分でした。

どう返していいのか分からず
「残念だけどそれ以上はどうしようもなかったでしょ。直接は関係無いのかも知れないし、仕方ないよ」
程度の返事になってしまい申し訳ない事をしましたけれど。

危なそうなので私は関わっていない(禁止されました)のですが、あっさり言ってしまうと3人がかりで手に負えず、それが直接の原因かは不明ですが残念な結果になった件があったのです。
そんな事態に対して何も出来ない私などが何を言ったところで慰めにもなりませんし、何の役にも立てない私自身が情けなくも思います。

こういった他者にはどうしようもない事が起きてしまうと、お金儲けではない本当の霊能者の方は嫌になってしまうのだろうなと思います。

関係者以外には何の事やら分からないと思いますが、もう少し細かい話を聞いてから記事にしようと思っています。


posted by 未熟な修行者 at 23:38 | Comment(7) | 日記

叱られました(笑)

2018年04月12日

1月に「とある日の師僧(1)」と言う記事を書きました。

……
………御師僧様に叱られました。(笑)

いえ、別にそれほど酷く叱られたと言う訳でもなくて、苦笑交じりだったのですが
「変な事を書くんじゃない」
と。^^;

誰からバレたのでしょう。御師僧様はインターネットなど見ないですから、きっと何人かいる御弟子さん経由からなのだろうとは思います。
その内には伝わるだろうなと思っておりましたので「バラすなよ!」とも思ってませんし、バレたところで別に構わないわけなのですが、想定していたより早かったなと。(笑)
御師僧様に対して持っている私の敬愛の気持ちも、御師僧様の飄々とした性格も十分御存知の方ばかりなので、きっと御師僧様の反応を見たくてニヤニヤしながらお話ししたのでしょう。私が他の御弟子さんの立場だったら同じ事します。(笑)
(御弟子さんって言っても私以外は全員立派な僧侶です)

ちなみに
「格好いいところなら書いても構わん」
と御師僧様は言ってました。(笑)
格好いいところは私も見ていて幾らでも知っているのですが、それは修法や修行をされているところが多く、あまり大っぴらに明かしてはいけない部分もあるため書きにくく、それなら素っとぼけた所の方が面白い書きやすいのです。^^;


それはともかく、変な事書くな、格好いい所は書いて構わんと言いながらも、やはり飄々としているのでどこまで本気で言っているのかも分かりません。そういう質問をしても答えてはくれませんし。^^;

お寺の名前も御師僧様の名前も書いておりませんし、私自身が身元も明かしていないので、御師僧様が誰なのかも分かってしまう事はないと思うのですが。
よく考えたら、かなりの変わり者である事を御存知の方であれば見当がついてしまう可能性もゼロとは言えないかも知れないと思いました。

何の記事を書こうかと困った時のネタになる(結構多いので)なと思っていましたが、とりあえず自粛することにします。(笑)

posted by 未熟な修行者 at 23:41 | Comment(6) | 日記