意外と凄い結界でしたB

2018年03月22日

続きです。

Sさんはその家に行って下さる事になりましたが、すぐは都合がつかないのと、結界を張るなら適した日があるとの事ですぐに行くことは出来ません。
Y君経由でSさんの言葉を伝えました。
どちらにしても結界は張った方がいいと思う、商売ではないので結界を張る事自体の料金は不要。
ただ、しっかりした結界を張るなら色々と自分達で買い揃えておいて欲しい物があり、更には氏神様の神社で祈祷をして頂く必要があって玉串料として幾らかのお金はかかり、これらすべてで3万円前後はかかるかと思う。
でなければ、お金はほぼかからないが効果も弱く有効期間が短い方法もあり、こちらの場合は効果がある内に玄関前に塀を立てる(DIYでも可)などの必要がある。
どちらがいいか決めて欲しいと言う事でした。
御家族は前者の方で了承しましたので、用意しておいて欲しい物を伝えました。

Sさんが行くまで、Y君が2日に1度ほど見に行く事になりました。
と言っても、家の外からでも分かるので質の悪い霊が来ていないかを前を通りかかるだけでしたが。
たいした事無さそうであれば何も言わないので、少し不気味な事があっても気にしないで大丈夫と言っておいたらしいです。
でも、見かけた事の無い人が頻繁にウロウロしていたわけですから、近所の人に物凄く怪しまれたらしいです。(笑)

そして、Sさんが御宅に伺う日が来ました。
待ち合わせ場所は御宅の氏神様の神社です。
御家族とY君と私とSさんの全員で神社に参拝します。
事前に御夫婦が神社に御願いしておいたのですが、持ち込んだ日本酒三升(その内、二升は奉納品)と粗塩1kgを御祈祷して頂き、神宮大麻と氏神様の御札を授与して頂きました。
(日本酒と粗塩の御祈祷は御願いしても受けてくれない神社もあります)

それから御家族の御宅に行きました。
その道中で私はY君に見えるようにされました。^^;
SさんはY君が取ったその方法も目の当たりにしたので
「なるほど、それがきっかけになって見えるようになるんですか。面白いですね」
と妙に感心しておりました。
私としても、Sさんがどう結界を張るのか、その効果はどうなのかを実際に見たいので、今回は私の方から見えるようにしてもらうつもりだったため今回に限っては文句はありません。(笑)

少し広めの道路から直角に入った道の突き当りに御宅があります。と言っても行き止まりではなく御宅の前で曲がっていて道が横に伸びています。
霊が通りやすい道のようだと聞いておりましたが、特に私は何も感じません。実はY君もそういうのはよく分からないみたいです。
御宅の前から延びる道路のかなり離れた所に突っ立っている霊はおりました。別に悪そうではありません。
Sさんは、霊の通り道と言う程ではないけれど若干通り易い道に感じる、更には突き当りなのでそのまままっすぐ進んで来てしまい易い感じがすると言っておりました。

御札は車の中に置いておき、御祈祷して頂いた粗塩と日本酒を持って御宅にあがらせて頂きました。
「分かってたけど、やっぱりいたね〜」
とY君。
私も見ましたが、御高齢の女性の霊が佇んでおりました。^^;
と言っても悪い霊ではなさそうです。
「では、まず出て行って貰って、お家の中を清めましょう」
とSさんが言います。
Y君が説得したらすぐ出て行ってくれました。見ておりましたが普通に玄関から出ていきました。

予め用意しておいて貰った白い平皿と半紙を出して貰うと、日本酒を平皿に少量注ぎ、粗塩を一つまみ入れました。
半紙を細く千切って束にすると、平皿の中の日本酒に軽く浸しました。
御主人が予め作っておいた神棚の設置場所に、その濡れた半紙を軽く叩きつけます。
実は既にSさんにお話しはして、それで大丈夫です、と言われてはいたのですが、私が以前に書いた心理的瑕疵物件Fの時の方法とほぼ同じ事をされていたので、概ね間違いじゃなかったとホッと安心したのは内緒です。(笑)

SさんがY君に
「玄関前に行って、新たに別の霊が入り込まないようにしておいて下さい」
と言うと、Y君が出ていきます。
御主人に用意しておいた神棚を持って来て貰い、設置しました。

それから御主人に
「御家族皆さんで車の中から御札を持って来て下さい。両手で御札を持った御主人を先頭にして次に奥様とお子さんの順番で玄関から入ってきて下さい。慌てなくて大丈夫ですから」
御家族が取りに出ると、Sさんは半紙を一枚半分に折って唇で軽く咥えます。
戻ってきた御主人から御札を受け取ると恭しく頭を下げてから、神棚の中に入れていきます。
そして、半紙を唇から離すと小さく折り畳んでポケットにしまいました。

「では結界を張りに行きましょう。お清めの塩と日本酒を持ってついてきて下さい」
とSさんが言います。
私が粗塩を持ち、御主人が日本酒の瓶を持ち、奥様はお子さんを抱えて、Sさんの後についていきます。

玄関から外に出るとY君が暇そうに立っていました。
「さっきから向こうの方にいるけど近付いてきてはないよ〜」
指を差した方向を見ると、御宅に着いた時に立っていた霊に加えて別の霊も離れた所に立っています。
Y君がお子さんに
「あっちにいる人見える〜?何人いるかな〜」
と聞くと、お子さんは指を2本立てました。
「しっかり見えてるね〜」
とY君が苦笑します。


続きます。

posted by 未熟な修行者 at 23:25 | Comment(8) | 日記
この記事へのコメント

おはよう御座います。

今、浅草寺に向かう電車の中です・・・(^^)

神棚まで設置して
そこからの結界なんですね・・・(^^)

Y君さん・・・(^^;
不審者に見られてしまったんですね。

続きが楽しみです。
Posted by でこ at 2018年03月23日 09:22

Y君の巡回、大変。
怪しまれたのに、Y君がまた外で見張るとまた誤解される気が(^^;

ところで、そのおうちの前の道は霊道ってものになってるんですかね。
Posted by りん at 2018年03月23日 18:22

Y君が意外と大変だな〜ってw

神社でそういうご祈祷してくれるところもあるのね。

お子さん見えるのは仕方ないとしても、せめて呼び集めなくなるといいですよね。
Posted by 櫻子 at 2018年03月23日 19:36

こんにちは。
今朝はいつものお寺さんにお掃除のお手伝いに行ってまいりました。
今日が彼岸明けですが、朝早くからお墓参りに見えられる方も多かったです。

結界を張るのに適した日があると言うところが気になりました。

神棚もお祀りするのは神様においで頂いて、その神様のお力をお借りして結界を張り、長く保つと言う事なのでしょうね。
Posted by うめ at 2018年03月24日 10:13

こんにちは。
結界を張る適した日があるのですか。
仏教ですと仏様ごとに縁日がありますが、それと同じようなことなのでしょうか。

道は碁盤の目状にするのが気の流れ的にも一番無難という事を聞いた事があります。
お宅が立っているのは、所謂どんづまりと言える場所なので、気が滞ってしまう場所かも知れませんね。

神道の儀式は興味深いです。
Posted by 不如意 at 2018年03月24日 14:35

元神職だからやっぱり神道のやり方なの?

御祈祷してもらったり御札もらったり神棚用意したりとかにちょっとお金かかっちゃうのは仕方ないかぁ。
お金かからない方は間に合わせにしかならないって事?
Posted by かづさ at 2018年03月24日 18:09

不審者Y君www
大変だな、わざわざ見に行ってたのか。

元神職なのに粗塩や酒の祈祷は自分で出来ないんかな?
御札も作れたりしてw
まぁ、塀を作るより安いだろうけどwww
Posted by f at 2018年03月24日 22:45

でこさん>
こんばんは。
元神職の方ですから、神道の神様頼りなのでしょうね。
神棚はきちんと祀っていれば守ってくれるので、お祀りすべきだと言っておりました。
Y君は仕事帰りに寄っていたので、同じ仕事帰りの近所の方に何度も目撃されていたそうで。(笑)


りんさん>
こんばんは。
Y君が仕事帰りに寄れる場所だったので、それほど苦でもなかったようですが、近所の人からこの御夫婦に何だかウロウロしている人がいますよと言われたそうで。(笑)
御夫婦に知り合いだと言ってもらったので大丈夫でした。
霊道と言う言葉もよく聞きますが、そこまでのものではないそうです。


櫻子さん>
こんばんは。
確かにそうなのですが、本人はケロッとしてました。^^;
意外とあっさり引き受けてくれたそうですが、この手の御祈祷をしてくれない所もあります。
息子さんが呼び寄せやすいのは、どうにもならないですが、家に帰れば霊は入ってこれないという状況を作る事を目指したそうです。


うめさん>
こんばんは。
御彼岸でしたね。もう書かなくてもいいと思い記事にはしませんでしたが。^^;
お掃除お疲れ様です。
結界を張るのに適した日と言うのは、そこまで気にしなくても大丈夫だと思うが、念の為と言う事らしいです。
前日〜当日〜翌日まで晴れている方が望ましく、更に1日か15日で午前中早めの時間の方がベストだそうです。
元神職だからか神様の力もお借りするという方法でしか結界は張ったことがないそうです。


不如意さん>
こんばんは。
一つ上のうめさんへの御返事に書いた通りです。ただ、それほど気にし過ぎなくても問題は無いようです。
気と言う言葉は使っておりませんでしたが、両隣と裏手は他の家の塀があったので、通り抜けようとしたものが溜まってしまい易いようです。
神道が基本ベースらしいですが、独自に試行錯誤した部分も多いそうです。


かづささん>
こんばんは。
そうです、神道を基本としたやり方だそうで他の方法ではやったことが無いそうです。
御夫婦は神様の力で守ってもらえるならそのくらいの金額は気にならないし、商売してる霊能者に頼んだらもっと高いだろうし、と思ったそうですよ。
はい、間に合わせだそうで、もって1ヶ月ちょっとくらいだそうです。


fさん>
不審者(笑)
少し話すだけで出て行く素直な霊しかいなかったそうなので苦にもならなかったそうですよ。仕事からの帰り道を少し回り道するだけで済んでますし。何より子供絡みと言うのは放っておけないのだと思います。
あ、その点ですか、その御宅の氏神様の御祈祷された物が必要だった為で、元神職とは言っても勝手に氏神様の神社で御祈祷するわけにもいきませんし。(笑)
そう言った必要が無い、普通の御祈祷は出来るそうですし、簡単な御札なら作れるそうです。


Posted by 未熟な修行者 at 2018年03月25日 00:27

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。