正しく生きるとはB

2018年02月28日

続きです。

正しく生きるとは具体的に何かを「十善戒」をベースとして書いております。
今回は「十善戒」の「三業」の内、「意」に当たるもので、3つあります。
「意」は心で思ったり、物事を感じたりする働きと考えて下さい。
「三業」の内、「身」や「口」よりも重要視されております。
と言うのも、人は「身」や「口」の行動の前に、心で考えたり物事を感じるからです。
例えば「お金が欲しい」と考えたり感じたりして、「盗み」を働いたり、そこまでいかなくともお金を持っている人を妬んで悪口を言ったりしてしまうというような事です。
つまり一番の根本的な部分であると言われているのです。


不慳貪(ふけんどん)
物惜しみをしたり、貪りの心を起こしてはならないと言う事です。
「慳」が自分の所有物を手放したくないという物惜しみを意味し、「貪」が未所有の物を手に入れたいなどの貪りを意味します。

誤解されやすいところなのですが、自分の所有物は惜しみなく人に渡しなさい、物を欲しがってはなりません、そういった欲から離れなさい、と言う事ではありません。
もしそうだとすれば、働いてお金を得るのも、働いたお金を貯めて欲しい物を買うのも駄目と言う事になってしまいます。

当たり前の事ですが、自分が働いて報酬としてお金を得て、欲しかった物を買うのはまったく構わないのです。
ただ、「足るを知る」と言う言葉がありますが、分不相応に何でも欲しがらずに身の丈にあった分だけで満足し、過剰な貪りの心を起こさないと言う事です。

また、自分のお金はたとえ1円でも人には渡さないなどと考えるのではなく、余裕があるのであればたった1円であっても寄付をして、他の人にも喜んでもらおうとする、他の人も幸せになれるようにと願える気持ちが大切と言う事です。


不瞋恚(ふしんに)
簡単に言ってしまえば、怒ったり恨んだりしてはならないと言う事です。
誤解される方がおりますが「怒る」と「叱る」は別ものです。

「怒る」と言うのは自分の思い通りにならない、自分はこいつが気に食わない、自分が欲しいものが手に入らない、自分の考えと違う、などのように自分を中心に考えたもので、つまりは仏教でいう「自我」を中心としたものである事が殆どです。
また「怒る」というのは行動でもありますが、心の中でくすぶった状態の「怒る」もあります。

「叱る」と言うのは、相手の為を思ってのことであり、これは行動です。心の中でくすぶっている「叱る」と言うものはありません。

但し「怒る」という感情の中にも人の為を思っての事の場合があります。
つまり、慈悲の心が奥底にあって「怒る」と言う事も無いわけでは無く、この場合の「怒る」は問題ありません。
ですが、「怒る」と言う感情は最初こそ慈悲の心があっても、その内に「怒り」だけになってしまう事も多くあります。こうなると駄目で、問題無いのは人の為を思っている内だけなのです。

先に書きましたように「怒る」と言うのは大抵は自分中心の考えである事が多いわけです。
人はそれぞれ考え方も違いますので、自分を中心にした考えだけで怒ったところで無駄な事なのです。

確かにイラッとする事も多い世の中ですし、私もそういう事は多くあります。^^;
そういった場合には自分の気持ちを客観的に観察して、それを心の中で唱えてみる事です。
「怒り」の気持ちが沸き上がってきたら「自分は怒っている」と繰り返し唱えます。
不思議な事に「怒り」の気持ちが静まってきます。


不邪見(ふじゃけん)
言葉通りで言えば、邪な見解を持つなと言う事です。
少し分かり易く言えば、人間の狭い知識、しかも人それぞれ違う知識を基準にして、判ったように勝手に物事を正しいと決めつけてはならないと言う事です。
あっさり言えば、自分中心の勝手な考えをするなと言う事でもあります。
(御坊様の説法では、もっと仏教的な説明がなされますが)

自分が正しいという勝手な思い込みは、あくまでも自分中心の勝手な見解でしかありませんから、そこには他人の違う見解を聞き入れる心の余裕すらも無いことが多く、違う見解の意見を言う人に対して腹が立ったり、人を馬鹿にしたりと言う事を平気でするようになってきます。
つまり、軋轢を生む元となる事が多いわけです。

人それぞれ、知識や思考、育った環境や文化も、もっと言えば常識すら違うことも普通にありますから、自分勝手な見解は無意味であり、有害でもあるのです。


「意」に当たる「戒」について書きました。
「十善戒」はこれで終わりになります。
本当はもっと色々細かく書いて説明するべきなのですが、そうすると何十倍もの文字数になってしまうので、なるべく簡潔に書いたつもりです。(分かりにくい部分も多かったかもですが)

「十善戒」はコメントであったように、道徳そのもので至極当たり前の事ばかりでしたね。^^;
でも、これを守るのは非常に大変なわけで、だからこそ「戒」として存在しているわけです。
完璧に守るのは現代では難しい部分もありますので、決して守れないのは絶対に駄目と言う訳ではなく、なるべく守るように努力する、仮に守れなかった場合はきちんと反省する、そうやって少しでも人格向上をしましょうねと言う事です。

posted by 未熟な修行者 at 23:55 | Comment(11) | 日記
この記事へのコメント

おはようございます。

私を救ってくれた御坊様が最初に諭された事は、足るを知る、怒りや恨みの心を持たない、自分中心に物事を考えない、でした。
今から考えるとなんて愚かな事だったのだろうと恥ずかしく思いますし、あの頃は私が私ではなかったというような気がしております。

心を穏やかに綺麗に保たないと、自分自身も周りの人達も変わってしまい、苦痛が多くなるのだと思います。
Posted by うめ at 2018年03月02日 08:56

足るを知るって、いい言葉ですね。
私も色々な物を欲しくなりますけど、現実はそう何でも手に入れられるわけじゃないので我慢です(^^;

怒るってほどではないですが、私もイライラすることはあります。自分の気持ちを観察して唱えてみるのがいいんですね。今度試してみます。

自分の常識が他人や世間の常識と同じとは限らない、と母からよく言われてましたけど、うちの母もすごいことを言ってたんだと、あらためて思いました( *´艸`)
Posted by りん at 2018年03月02日 11:46

怒ると叱るの違いは仰るとおりですね。

最近、自分の思う通りに動かないからでしょうか、乱暴な言葉遣いで小さなお子さんに当たり散らしている親御さんを街中でも普通に見かけます。
叱ると言うのはきちんと道理を言って聞かせる事であって、決してヒステリックに怒る事ではないはずです。

そんな体験をしたお子さんが、いずれ親になった時には自分がされていた事を子供に対してするのではないかと思います。
Posted by 不如意 at 2018年03月02日 20:28

そう言えば、前よりも怒らなくなりました、私。

なんだろ、え〜って思っても怒るまでいかないで、仕方ないか〜で済ませちゃう感じですw
Posted by 櫻子 at 2018年03月02日 22:26

物欲は割とない方ですし、災害時にはちょっとだけど寄付もしてるので不慳貪は守れてる方かなと勝手に思ってます。

怒ることもそんなにはないけど、ちょっとイライラすることはありますね。

自分のわかる範囲でこういうことかなって勝手に考えるのが、邪な見解だとしたら多分してるのかなと思います。

Posted by あーや at 2018年03月03日 15:32

お寺さんに十善戒が書かれているのを見かけます。
簡単な説明もあるのですが、殺生をしてはならない、他人の物を盗んではならない、などのように本当に簡単な説明です。

分かり易い具体例を書いて下さったので、少し理解が深まりました。
守れていない事が多いですが、守ろうと努力をします。

Posted by あっこ at 2018年03月04日 11:07

物欲はそれほど無いなw
あ、そうだ、知らん場所で彷徨いがちだから社用車にカーナビ付けて欲しいって欲があったわw

不邪見はあれだ、宗教に対して良く思ってなかったってのも当てはまるんだろなwww
Posted by f at 2018年03月04日 23:20

うめさん>
こんばんは。
自分が愚かだったと反省できるのは凄い事ですし、それは今現在が愚かではなくなったからだと思います。
私などは今でも迷いっぱなしですし、諭されっぱなしです。^^;
仰る通り、身近にいる人ですと心の動きが分かったりしてしまう事もありますからね。


りんさん>
こんばんは。
「足るを知る」は自分はこれでいいんだ、これ以上望んではいけない、という風に思えるとベストです。
怒った際だけでなく、色んな場面で自身の感情を観察すると言うのは実は修行方法の一つなのですよ。実際には、誰々の何々に対して怒っている、というように出来るだけ細かく観察すると良いです。
本当に御母様は素晴らしい事を仰っていると思いますよ。


不如意さん>
こんばんは。
そういう親御さんは確かに多く見かけますね。気持ちは分からないでもないですが、自分の子供であろうと人格は別なのだ、自分の子供だから何を言ってもいいわけではない、と思えればいいのですが。
こういう親にはならないって決心していても、自身がされていた事を大人になってからしてしまう人も確かに多いです。業の深い事ですね。


櫻子さん>
こんばんは。
私も前より怒らなくなりました、って修行者を名乗っておきながら怒ってばかりでは駄目ですけれど。(笑)
冗談はさておき、怒りを抱いてしまうと、更にそれに対して怒りを持つという連鎖になりがちですので、その対応はかなり良いと思います。


あーやさん>
こんばんは。
不慳貪については普通はその程度で良いと思います。
イライラしない方がベストには違いありませんが、なかなか難しいですからね。
不邪見については、他人に自身の考えを押し付けることなく、更には人の意見を聞いて考えを改める事があるのなら問題無いです。
こういう事なのかなと自分で考えるのは普通の事ですから。


あっこさん>
こんばんは。
確かに簡単な説明だけ書いてあることが殆どですね。
私の記事では私や私の御師僧様の意見も入っておりますので、参考程度にして下さい。(笑)
考えが違う御坊様もいらっしゃると思いますので、機会があれば法話会などに参加してみると色々教えて頂けますよ。御坊様にも話しかけやすくなりますし。


fさん>
こんばんは。
車で彷徨っておいでですか。^^;
交通法規遵守と安全の為にはカーナビがある方が便利ですものね。仕事の為ですから貪りではないですね。(笑)
実際、宗教には宜しくない部分がある事もありますので、そう思われても仕方ないのですが、それでも私の記事で少しは考えを変えたりして頂いているのかなと思いますので、邪見という程では無いと思います。^^;

Posted by 未熟な修行者 at 2018年03月05日 00:31

あ、なるほど、そういうことかぁ。
意の3つが守れないと、それが発展?して身や口の方なんかも守れなくなるって事なのね。
ってことは、この3つだけでいいんじゃないかとも思ったり。

この10個だけでも結構大変だけど、他にも戒っていっぱいあるんだよね?
自分で努力して人格向上するって大変そう(^^;
Posted by かづさ at 2018年03月05日 22:19

法話会ですか。
興味はあるのですが、難しいお話しだとついていける自信もないですし、何も知らないのに参加してもいいのかなと思ってしまって勇気が出ず参加できません。
Posted by あっこ at 2018年03月08日 20:10

かづささん>
こんばんは。
そうです、意がきちんと浄まっていなければ口、身も浄まらないと言う感じです。
無意識にもしくは咄嗟にということもありますし、正しいと思っていても良くない行ないはありますので口や身に対しての戒も無くすわけにはいきません。
古代からの上座部仏教では男性出家者に250個程、女性は350近くあるそうです。中には現実的ではない、とんでもない行為を戒めているものもあります。
確かに大変ですよね。^^;


あっこさん>
こんばんは。
法話会は難しい仏教のお話しを分かり易く教えて頂けますので、気軽に参加して大丈夫です。
中には世の中のニュースなどを仏教的に解釈した面白いお話しをして下さる法話会もあります。
御坊様が多忙でなければ法話会終了後にお話しできる機会があったり、熱心な方ですと御坊様の方から気軽に話しかけて下さる場合も稀にあります。

Posted by 未熟な修行者 at 2018年03月08日 23:31

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。