正しく生きるとは@

2018年02月18日

コメントで正しく生きるとは具体的にはどんな事なのかというネタを頂きました。
そう言えば、あまり詳しく書いていないような気がします。
具体的には仏教の「戒」を守ることです。(戒とは文字通り「いましめ」のことです)

宗派によっても違いはあるのですが、僧侶や修行者に対しての「戒」は非常に数多くあります。
詳細に書き出すとキリが無いため、真言宗では僧侶も一般信者も守るべき事とされている「十善戒」というものをベースに書かせて頂きます。なお、他の宗派でも同じような代表的とされる「戒」があります。

「十善戒」は十個の守るべき戒めが示されているのですが、内訳としては「身・口・意」の「三業」に分けられます。
「身」に当たるものが3つ、「口」に当たるものが4つ、「意」に当たるものが3つあります。
「三業」の「身・口・意」というのを見て「あれっ?」と思う方もいるかも知れませんが、そう思われた方はなかなか鋭いです。
以前に少し書きました「三密」も「身・口・意」ですね。

「三業」の「業」とは果報(報い)を生じさせる原因となる行ないの事です。
「十善戒」の「三業」とは報いを受ける行ないは「身(からだのおこない)・口(ことば)・意(こころ)」の3つに分けられ、それらを守れば悪業とはなりませんよ、仏の道ですよ、と戒めるためにあります。
残念ながら私はあまり詳しく述べる立場にはございませんので簡単に書きますが、「三密」は「三業」の戒めを守らないと正しいものとはなりません。つまり悪業があれば、いくら「三密」を実践しようと思っても無意味であると言う事で、密接な相関関係があるわけです。

話しが脱線しました。
「十善戒」を分けて、正しく生きるとはどういうことかを「三業」それぞれに分けて書いていきたいと思います。

なお、「守れなかった=即駄目」と言う事ではございません。
現代社会では必ずしも全てを完璧に守ると言うのは非常に難しい事です。
ですから、自分は守れていないから駄目だ、と簡単に諦めてしまう必要はありません。
全てを守るのが大事であるのは言うまでもありませんが、自身が出来る範囲で守るのも、なかなか出来ないとしても出来る限りは守ろうと努力する、こういった程度であっても非常に有意義なことです。
そして、たとえ守れなかった場合であっても心の底から真摯な反省をするのも同じくらい有意義な事なのです。


それでは、まず「十善戒」の「三業」の内、「身」に当たるものの3つを書きます。
「身」は簡単に言ってしまえば「行ない」のことです。


不殺生(ふせっしょう)
文字通り、殺生を禁じる戒です。
人に対してはわざわざ言うまでもなく勿論なのですが、他の生き物に対しても禁じております。

では、蚊や蠅やゴキブリなどや、農作物に被害を及ぼす害虫や雑草などはどうするんだ、という話になってまいります。
本来はこれらの殺生も禁じておりますが、病気を媒介する事があったり、食物などに対して甚大な被害をもたらす事もあるため、現代ではそう悠長な事は言ってられないのは事実なので、そういった場合には致し方ありません。何の悪影響も及ぼさないのに無闇に殺生するのは駄目であると言う意味で理解していて問題ありません。

また、猟師・漁師・畜産・屠殺業に携わる人はどうするんだ、と言う話もあります。
だから、人間は植物だけ食べていればいいんだと言うのは極端な解釈です。実は植物も生き物の一つなので同等に禁じると言う考え方も多くなってきました。
以前にも書きましたが、御釈迦様でさえ肉食はしておりました。チベット仏教のダライ・ラマ14世も体調の為に医者から薦められて肉食しております。
仏教が肉食を禁じたのは中国に渡ってからの事です。
そもそもが人間は、動物であろうと植物であろうと他の生き物を犠牲にして生きるしかないのは当たり前で、そうしなければ生きられないのだと言うのも当たり前なことです。
そういった他の生き物の命を犠牲にしなければならない職業の方は、無闇に命を奪っている訳ではありませんし、職業として致し方ないのです。
無闇に殺生をしないのが一番であり、仮に上記のように致し方ない場合であっても、犠牲になる命への慈悲や贖罪、感謝の気持ちなどを持つのが良いのです。

それならば、他者に悪影響を及ぼす悪い人間ならば殺生してもいいのか、これも勿論駄目です。
殺生される者にも大事な人や悲しむ人もいるわけです。そういった悲しみや悔しさの気持ちを人に持たせてしまう事も大変に大きな悪業を積んでしまう事に他なりません。


不偸盗(ふちゅうとう)
あっさり言ってしまえば、人の物を盗んではならないと言う事です。
至極当然の事と言ってしまえばそれまでです。

一般的に私達が考える盗みというものを働く人はそうそういないとは思いますが、拾ったり誤って手元に来た物をネコババするのも立派な盗みです。
例えば、道端に百円玉が落ちていて拾ったとします。又はお店で買い物をしてお釣りが数円多かったとします。人によってはこれくらいならいいか、と自分の物にしてしまう方もいるかも知れません。
百円玉を落とした人は大変切羽詰まった状況にいるのかも知れません。それこそ百円足りなかっただけで借金が返済できずに会社が潰れてしまう事だってあるかも知れませんし、その足りない百円を何とかするために別の盗みを働かせてしまうこともあるかも知れません。
お釣りを多く渡してしまったお店では売り上げの集計時にたった数円であっても何度も計算し直して余計な心労や苦痛を味わせてしまう事があるかも知れません。たった数円で何度も計算させ直す店長などを恨みに思う店員もいるかも知れません。
たった数円から百円程度であっても、それがどれだけ大きな悪業になってしまうのかは分かりません。


不邪淫(ふじゃいん)
無闇に邪な性的関係(邪淫)を持つなと言う事です。

愛し合う男女がいれば性的関係を持つのは不思議なことではありませんので、絶対に駄目と言う訳ではありません。それすらも否定してしまうと人類は滅びてしまいますからね。
一時の感情や欲望だけで性的関係を持ったり、性行為に溺れて自身を見失う事の無いよう、よく考えて節度を持つよう努力しなさいということです。

お互い遊びと割り切って性的関係を持って、その時は後悔する事も無くそれで良かったとしても、時が経って大事な相手が出来た時に「なんて馬鹿な事をしていたんだろう」と悔やむ事になるかも知れません。そんな思いを自分や相手が持てば、それも悪業になり得ます。
昨今流行って(?)いる不倫などは邪淫の最たるものです。
当人同士だけでなく、不倫相手の伴侶や家族にまで苦しみや悲しみを与えてしまう事だって多くあります。これも悪業以外の何物でもない事は分かると思います。


次回は「十善戒」の内、「三業」の「口」に当たる「戒」についてを書きます。

posted by 未熟な修行者 at 23:04 | Comment(9) | 日記
この記事へのコメント

あれっ?とは思わなかったけど、「身・口・意」って前に見た事あるなくらいには思いました。

夏には蚊を叩いちゃってるけど、そんなに気にしなくてもいいのかな?
ゴキちゃんは何も出来ません、逃げます(^^;)
Posted by りん at 2018年02月19日 15:31

こんばんは。
陽が長くなってまいりましたが、体調はいかがですか。

なるほど、三業と三密はそういった関係性なのですか。

私は不殺生をなかなか守るのが難しいです。
我が家も近所も植木がたくさんあるからなのか夏には蚊がかなり多くて。
出ていってくれればいいのですが、そうはいきませんものね。
Posted by うめ at 2018年02月19日 18:14

ネタになったのなら良かったぁw

お釣りの話、気付かなかった場合は?
幾つかのお店を回って、帰ってからお金が多いなって思った時とか。そういうことあったけど。
Posted by かづさ at 2018年02月19日 21:05

三業とか三密とか言いだすと途端に難しそうな感じ。
だけど実際の細かい内容はとっても道徳的な事にしか思えないんだけど。
なんか、宗教っぽくない感じ。
Posted by 櫻子 at 2018年02月20日 20:12

ほほ〜、なるほど。
あれだな、想像力を働かせる必要があるよな、この程度なら問題無いとか、バレなきゃ誰にも迷惑にならんからいいとかって考えがちだもんなwww

バレた時に人が嫌な思いをする可能性があるのはダメってことかね。何が良くて何がダメか自分で考えないとならんわな。

そういう意味では仏教って難しい気がするわ。
Posted by f at 2018年02月20日 22:41

こんにちは、お体の具合はいかがですか?

正直な話、3つとも守れてません。
不邪淫に関してはそんなふしだらな関係を多く持っている訳では無いですが、後悔した関係が実はあります(^^;
Posted by あーや at 2018年02月21日 10:43

りんさん>
こんばんは。
何となく見覚えがあっただけでも凄いです。
実はお寺でも夏場は本堂の周りなどで蚊取り線香を焚いている所もありますよ。
私も夏場は普通に殺虫剤とか使いますし、部屋の中にいれば叩き殺してしまう事も普通にあります。^^;
何も影響無いのに意味なく殺すのは避けております。


うめさん>
こんばんは。
体調の方はほぼ完治しております。
最近では蚊がデング熱を媒介したりする事も普通にありますね。
感染した人の血を吸った蚊が更に媒介してしまう事もありますから、避けられる殺生であれば避けるべきですが、ある程度は仕方ないですね。


かづささん>
こんばんは。
ネタ提供ありがとうございます。(笑)
分かっていて黙っていたなら駄目ですが、気付かなかった場合には仕方ありません。
その場合はどこかに寄付するとか、自分の為ではなく誰かの為に役立つよう願って御賽銭などで喜捨をするのも良いですよ。


櫻子さん>
こんばんは。
理屈をこね回すと途端に難しくなるのが宗教です。(笑)
多くの一神教では神様がこう言っているから守らねばならないと言う教えですが、仏教はまず各個人が正しく生きて人格を高めるというのが根本にありますから、まさしく道徳そのものと言えます。


fさん>
こんばんは。
その通りですね。周りの誰かがどう思うかではなく、自分で判断しなくてはなりません。
蝶の羽ばたきが思いもしない場所で思わぬ影響を与えると言うバタフライ効果みたいなものかも知れませんね。
要は必ず結果があるのだから、気をつけるようにって事ですね。
考え出すと確かに難しいですね。^^;


あーやさん>
こんばんは。
体調はほぼ完治です。
そんなカミングアウトしなくても。(笑)
では、私もカミングアウトしますね。昔のことですが、非常にやさぐれてましたのでそれはそれは酷いもので、この3つどころか残り7つもすべて守って生きてきてはおりません。
実は仏教を信仰する前には、女性関係が派手な時期もあり、不倫も経験しております。^^;
今は過去の事も反省して、出来る限り正しく生きるよう努めている訳です。
最初から正しく生きているのが一番ではありますが、人間ですから過ちは仕方ないですし、反省するのに決して手遅れと言う事はありませんから大丈夫です。


Posted by 未熟な修行者 at 2018年02月22日 23:05

ぶーwww
不倫経験あるとか言わなくてもw

そういや瀬戸内寂聴も若い頃に不倫したんだよな
Posted by f at 2018年02月22日 23:32

fさん>
こんばんは。
私はそんなに清廉潔白な人間では無いと言う事と、そんな人間でも気付いたのであれば正しく生きるようにすればいいのだと言う事を知って頂くのも良いかと思いまして。(笑)
寂聴氏も出家する前にそういう事があったらしいですね。
Posted by 未熟な修行者 at 2018年02月25日 00:03

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。