友人が来ていたのかも

2017年07月14日

先日、友人が亡くなりまして。
齢をとると言うのは段々と同年代の人が亡くなる確率も高くなってくるわけですものね。

知己の間柄の人が亡くなった場合、可能な限り葬儀には参列させて頂きますが、私は個人的に我が家の祭壇でも御供養を行ないます。
故人の宗派とは違うことも多いですが、御供養はまず気持ちが大切なのであまり気にする必要は無いでしょう。
と言う訳で自宅で御供養をさせて頂いていたのです。

朝起きて身支度をしてから祭壇にお水とお茶をお供えし、塗香で身を清めてお香を焚いてから、普段の勤行に友人の御供養も加えて行なうのです。

お水とお茶をお供えした後に私の身体の右側から妙な気配を感じました。
見える時期ではないので気配しか分かりませんが
「あれ?何か来てる気がするな」
と思いました。
決して嫌な感じでは無く、ほんの少し空気に圧迫感があるような、とにかく説明するのが難しいのですが、その空間がやたらと気になります。悪い霊が近づいていると涙が出たりするのですが、それもありません。
不気味なものであればビビってしましますが、勤行時に近づいてくるのもたまにはいますので、特に悪いものでなければそれほど気にはなりません。と言うか割とよくある事なので慣れました。(笑)

とりあえず祭壇の前に座って勤行を始めたのですが、その気配は私の背後を通り、左後ろに移動しました。
そして、勤行のすべてが終わってはいないのですが友人の御供養の部分が終わった途端、その気配は綺麗さっぱり消えました。
見える時期ではないので本当のところは分かりませんが、おそらく友人が来ていたのかも知れません。
いや、見えたら見えたで結構複雑な気分にはなるでしょうけれど。(笑)

私の所になど来ていないで(来るなと言うわけではないですが)、御家族や御親族の所に行って別れを惜しんだ方がいいのではないかと。勿論、私の所に来ていない時はそうしていたのかも知れませんけれど。^^;

実はこれ昨日まで4日続いてました。^^;
今日は来なかったので旅立ったのかなと思います。

posted by 未熟な修行者 at 23:37 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

おはようございます。
まだ50代になったばかりと仰っていたと思うのですが、ご友人も同年代だと今の時代では亡くなられるには早過ぎですね。
ご自宅でもご供養されるとは優しさが伝わってきます。きっと、ご友人も感謝していることと思います。

ご友人のご冥福をお祈り致します。
Posted by うめ at 2017年07月15日 09:10

こんにちは。
毎日暑い日が続きますね(>_<)

人の死は哀しいです。
修行者さんにお別れと感謝の気持ちを伝えに来られたのでしょうね(^^)

説明が難しいですよね(^^;
その感覚を言葉にするのは。
私はその感覚を説明するのに一番近い言葉を探すのに、いくつかの言葉を探します。

その方の御冥福をお祈り致します。
Posted by でこ at 2017年07月15日 17:30

お友達が亡くなるのは寂しいですね。
身近な人が亡くなった時はそうやってご供養しているんですね。そういう事もするのかなとは思っておりました。

割とよくある事って言っておりますけれど、私だったら家に来られても困っちゃいますね。

ご冥福をお祈りします。
Posted by あーや at 2017年07月15日 22:23

仲のいいお友達ですか?残念ですね(ノд・。)

おうちでも供養しているなんて、亡くなってしまうこと自体はとても不幸な事ですが、そういう人がいるのはすごくありがたいことですよね。
ちゃんと行くべきところに行けると思います。

ご冥福お祈り致します。(−人−)
Posted by りん at 2017年07月16日 17:01

うめさん>
こんばんは。
友人は私と同じ年齢です。確かにこの時代であればまだ早いですね。
いえ、優しいなんてとんでもないです。私にはそれくらいしか出来ないだけです。
ありがとうございます。


でこさん>
こんばんは。
本当に暑いですね、体に堪えます。
そういう事で来てくれたのならいいのですが、私など何も出来ないですからね。^^;
普通の生活の中ではまず味わう事の無い感覚だと思うので、どう表現すればいいのか悩みます。
ありがとうございます。


あーやさん>
こんばんは。
本当に寂しい事です、ほんの1ヶ月くらい前は元気だったのですけどね。
御供養はします、と言うかそれくらいしか出来ませんので。
実際によくある事で、以前に書いたように腐敗臭とかではなく、気配くらいなら全然マシです。(笑)
ありがとうございます。


りんさん>
こんばんは。
20年以上会う事もなかったのですが、ここ数年は年に何回か会うようになった友人なので、残念に思っています。
この世で為すべき事を為したので、仏の世界に戻ったのだと思う事にしております。
ありがとうございます。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年07月16日 23:12

そういうこともあるのねぇ。
霊感ある人なら亡くなった人の霊がきても問題ないんだろうけど、私は友達でもちょっと怖いわぁ
Posted by かづさ at 2017年07月18日 20:29

あ〜、それはご愁傷さまです。

涙が出るって前に書いてたけど、悪い霊オンリーなのか。そこら中にいるって言ってたから大変そうだなと思ってたw

仲が良かった奴なら、気配くらいなら感じたいと思うわ。
姿まで見えたら驚いちまうかも知れんけどwww

御冥福をお祈りします。
Posted by f at 2017年07月19日 00:02

あらら、残念なことですね。

私も友人を亡くした事がありますが、心残りだったりはなかったのかとか気になっていました。
そういうふうに気配くらい感じられれば何かわかるかも知れないのにな〜。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 櫻子 at 2017年07月19日 12:32

かづささん>
こんばんは。
悪意のある霊が来たのであれば、さすがに怖いですよ。^^;
友人の霊で悪意が無いとしても急に姿が見えてしまったりすればビビると思います。(笑)


fさん>
こんばんは。
そうです、たいていはタチの良くない霊の場合に涙が出ます。でないと、普段からずっと涙目になりそうです。(笑)
私も姿が見えてしまったら、多分驚くと思いますよ。^^;
ありがとうございます。


櫻子さん>
こんばんは。
気配だけだと心残りがあるかどうかまで分からないですね。
悪意ある気配ならば何らかの執着があるのかと思います。
思いを伝えて来るとかも特にありませんでした。
ありがとうございます。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年07月20日 23:22

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180344096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック