夏越の祓

2017年06月17日

今回はうっかり忘れて過ぎてたと言うような事が無いよう気を付けておりました。(笑)

6月と12月の晦日(みそか)に行われる神社の行事で、6月30日に行われる大祓は夏越の祓(なごしのはらえ)と言います。
ざっくり言うと、1年の半分を過ごしたと言う事で穢れが溜まっているので、それを落とし浄めて残りの半年を迎えようと言うものです。

「人形(ひとがた)」については年越しの祓と同じなので、こちらを御参照ください。
ギリギリになると受け付けてくれない場合もありますので、お早目にどうぞ。

この時期になると神社の参道に「茅の輪(ちのわ)」が立てられていると思います。
小さな神社とか神職の方が居られないような所ではないかも知れません。
実は年越しの祓でも「茅の輪」を立てる神社もありますが、夏越の祓に比べると少ないです。

「茅の輪」の由来については、蘇民将来(そみんしょうらい)という方が一夜の宿を借りに来た神様をもてなした。そのもてなしに感謝した神様は「茅の輪を腰につければ災厄を免れる」と教え、スサノオと名乗って去っていったという話から来ているようです。

この「茅の輪」をくぐることで、病気や災いを免れるとされていますから参拝の折には是非くぐって下さい。
茅の輪くぐりには作法があります。

まず、正面に立ち一礼します。
輪の中を一度くぐります。この時左足で輪をまたぐようにして下さい。
そのまま左に回って正面に戻り、一礼します。
再びくぐりますが、この時は右足で輪をまたいで右方向に回って正面に戻り、一礼します。
再びくぐりますが左足でまたぎ、左方向に回って正面に戻り、一礼します。
そして最後に輪をくぐりますが左足でまたいで、今度はまっすぐ神前に進みます。
上から見ると∞のような形で回るのです。

文章だけですと非常に分かりにくいですが、茅の輪くぐりの作法が図と一緒に書かれてあることも多いので、それを参考にした方が良いかと思います。
なお、多くの場合は一般的に行われている上記の通りで構いませんが、神社によって多少違いがあったり独特な作法で行なう場合もありますので御注意下さい。

実際に立てられている茅の輪の「茅」を少し引き抜いて持ち帰って御守りにすると言う俗信があるようです。茅の輪は参拝者の穢れを吸い取っているとされておりますので、それを持ち帰る事は他の参拝者の穢れも一緒に持ち帰ってしまうということでしかなく、お守りにはなりませんから持ち帰ってはなりません。
由来に基づいて茅の輪を象ったお守りを授与している所もあり、当然ですがそちらは問題はありません。


夏越の祓をして、残り半年も気持ちよく過ごしましょう。

posted by 未熟な修行者 at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

あ、忘れるかと思ってたwww
って言うか俺は当然覚えてないが。

あの大きな輪っかはそういう意味なのか、見た事はあるけど何なのかと思ってた。
それはそうと、もう半年経ったんだな。

リンク、記事にいってないよ、ちょっとスクロールすりゃ済むけど。

Posted by f at 2017年06月18日 00:28

おはよう御座います。
朝早くから失礼します。

もう半年が過ぎようとしているのですね。
50を過ぎると一年があっという間だと知人から聞いていたのですが、今更ながらに実感しております。

また一つ勉強になりました。
修行者さんの説明はわかりやすいので助かります。(^^)
Posted by でこ at 2017年06月18日 08:05

おはようございます。
あっという間に半年が過ぎてしまいましたね。

茅の輪のくぐり方の説明書きを見た事はありますが、またぐ足まで決まっているのは知りませんでした。
まごついてしまいそうです。
Posted by うめ at 2017年06月18日 09:31

おはよう御座います。

前の記事を読んで経験したことがあり・・・

金縛り?レム睡眠?
20代後半お盆の時期に、夢で女の人に両足首を強い力で掴まれもがいても何をしても解けず目が覚めて朝起きたときに足首に圧迫感があり暫くはその圧迫感が消えなかった。

ルカさんのお姉様の記事を読んで・・・。
私自身が20代後半に経験しました。
黒い帽子をかぶった頭の先から足下まで真っ黒な男の人が大学生風の男の人の中に入ったのを見てからの1週間〜10日位ですが、私が不安定になるとお線香の香りがすると言われました。
私は家族と住んでいたのと、その時期に相談出来る方がいたお陰で心身共に壊れなくて済みました。

それからの数年間はよく見ましたよ(>_<)
いつの間にか見えなくなってましたが。(^^)

また去年の9月にある夢を見てから霊的な事が現在進行形で続いてます。
今回も相談出来る方がいるのです。
これも御縁なのでしょうね。

ルカさんのお姉様も良い方向に進んでいると良いですね。
Posted by でこ at 2017年06月19日 08:16

ちのわ、って読むんですね(^^;
普通にくぐって素通りしてましたけど、ちゃんと作法があるんですね。
Posted by りん at 2017年06月19日 20:30

fさん>
こんばんは。
ええ、実はまだ記事にするのは少し早いかなと思ったのですが、今書かないと忘れそうなので。(笑)
機会がございましたら茅の輪くぐりしてみて下さい。
リンクの御指摘ありがとうございます。修正しておきました。


でこさん>
こんばんは。
時間が過ぎるのは早いですね。私は30代くらいから早いなと思っておりました。(笑)
説明分かりやすいですか?実際に書いていると分かりにくいのではないかと悩みます。^^;
それから、迷惑メールの原因になりかねませんのでメールアドレスは入力されなくて結構です。


うめさん>
こんばんは。
私が思うに、若い内は日々新鮮な経験をする事が多いので時間が長く感じ、歳を経るにしたがって目新しい事がそれほど無くなるので時間が短く感じるのかも知れませんね。
茅の輪くぐりは基本的には神社の説明書きなどに従えば大丈夫です。


でこさん>
またまた、こんばんは。
金縛りは体験したことがないですが、動けないと怖いですね。
無闇に恐怖心を抱いて自ら追い込まれてしまっている人の方が多いので、基本的には気にせずに明るく過ごすようにしているのが一番ですね。そうは言っても見てしまうと怖いですが。(笑)
御相談者の方からはその後はコメントがありませんので、特に問題無く治療中なのかなと勝手に思っております。


りんさん>
こんばんは。
実は私も作法を知るまで素通りでした。(笑)
とは言え、元々は身に着けるというものが、くぐるものにかわっておりますから、それほど作法を気にしなくても大丈夫ではないかと思います。
大事なのは敬意を持って、信じて行なう事かと思います。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月19日 23:33

こんばんは

メルアド入力しなくても大丈夫なんですね。
分かりました。

有難う御座います。
Posted by でこ at 2017年06月20日 00:08

でこさん>
こんばんは。
はい、問題ございません。
入力欄を消してしまった方が良いのでしょうが、このブログは改造が面倒なので、そのまま放置になっております。^^;


Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月20日 22:46

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180071853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック