前世が云々

2017年06月09日

このブログでは、個別な御相談へのお答えは極力御勘弁させて頂いておりますが、コメントに書いて頂いた内容が割とよくある話かも知れないので、記事にさせて頂こうと思いました。

-----ここから頂いたコメント---------------------------------------
ここ1年ほど、かなり悪い事が立て続けに起きてまして、自称見える友人からは、私の前世が300年以上前の商家の主人でお金に物を言わせてたくさんの悪い事をしていたので、その因縁だと言われました。

彼女は普通の会社員なのですが、何の前触れもなく突然そこに霊がいるとか言い出したりするので、霊や前世の存在を信じる信じないを別として、彼女自身がうさんくさいと思っている人も多くいます。
ただ、100%ではないですけど言い当てることもあるので信用して相談する人もいます。

私自身は特に信仰も持ってませんし、そう言う事に敏感でもないですが、言われてしまうと気になってしまって、色々検索してみてますが霊能者のサイトはあやしいですし、そうでないところも暴言や中傷のコメントがあったりで躊躇してました。

偶然こちらのブログも見つけて読ませて頂いたのです。
個別の御相談は受けてないようですが、何処かに相談した方がいいのでしょうか?
もし何か簡単なアドバイスでもありましたら教えて頂けますか?
-----ここまで頂いたコメント---------------------------------------

宗派によって違うかも知れませんが、仏教では輪廻転生はあると考えられておりますので、前世もその因果応報もあって、前世の因縁により今世の人生が左右されるとも言われております。

テレビなどのメディアでも霊能者や霊感のある芸能人の方など、人の前世が分かる、更には、何か悪い事があると前世の因縁がどうこうと言う方が非常に多くいます。
色々と言い当てる事もあると言うのは、コールド・リーディングという方法を使えば不可能ではないのでアテにはなりません。多くのインチキ霊能者も同様の事をしております。


まず、書いておこうと思うのですが、このブログの記事に何度か登場しているY君も、たまに見えている時の私も、私の知っている本当に見えていると信じられる人達も全員同じなのですが、よほど酷いのでない限りは
「そこに霊がいる」
などと言う事をその場にいる他者にわざわざ言うことなど絶対にしません。
仮にそこそこ酷いのがいたとしても、言葉にはせずにうまく誤魔化してその場を離れたり避けようとしたりするくらいです。
見えても、たいして影響が無いくらいのものであれば、何もいない、とまで言ってしまいますし。

キャラ付けしないとならない芸能人とかならまだしも、それなりの年齢で普通の職業に就いている人がわざわざその場で、そこに霊がいる、などと言うのは実は奇妙な行為なのです。
と言うのも、本当に見える人と言うのは、見えているものの事を喋ってしまったりして、他人から変わり者扱いや嘘つき呼ばわりされたりなど過去に嫌な思いを何度も味わっています。理解してくれる人もいますが大抵は変な目で見られます。
一、二度見た程度ならちょっとした話のネタにはなりますから話すでしょうが、一般人で何度も見えてしまう人は自分からわざわざ言う事などまずありませんし、変な人と思われたくないので見える事すらも隠したがる人の方が多いです。

私自身は、お金を取って霊能者の真似事をする訳ではありません(何も出来ませんけど)ので、嘘つきとまでは言われたりはしなくなりましたが、未だに一部の人からは変わり者扱いされています。
子供の頃は別としても、見えると言うのはおかしな事なんだと思うようになってからは家族にも一切言わなくなりました。付き合いが長い友人でも、霊が見える事があるなんて事を知らない人も大勢います。
実際のところはそんなものなんです。

このブログは実際に私を知っている知り合いも見に来てはおりますが、私が見える事があると知っている方ばかりなので気にする必要もありませんし、それ以外の方には私の身元は明かしておりません。
身元を明かして第三者に霊の話なんてしようものなら大半の人から変人扱いされるだけです。
既に知っている人以外は私の身元を知らない人だけなので、安心してと言うか躊躇わずに見えた霊の話も書くことが出来るわけです。(笑)


既に長くなってしまいましたが、前世のことについてを書きます。
残念ながら私は他人の前世どころか自分の前世も分かりませんので、インチキだとか断言する事は出来ません。

先に書きましたように仏教では前世があるとされていますので、仏教的観点から言わせて頂きます。
前世の因縁により今世が良くない人生だとしても前世を気にする必要など全くありません。それどころか前世の事を気にするというのは、仏教の教義では絶対にしてはならないとされている執着そのものでしかないのです。

そして、古い経典には
「自ら悪を為すならば自ら汚れ、自ら悪を為さないならば自ら浄まる。浄いも浄くないも各自のことがらであり、人は他人を浄めることは出来ない」
というお釈迦様の教えが書かれております。

たとえ本当に前世が分かる人から言われたのだとしても、人の前世の因縁は霊能者だろうと誰であろうと第三者には解消することは出来ず、自分自身で何とかするしかないのです。
霊能者に相談したところで解決は出来ないので相談するだけ無駄です。それよりも信仰を持っていなくても構わないので、悪い事がこれ以上続かないよう近所の神社やお寺にでも参拝して心からお願いした方が遥かにマシだと思います。

また、仏教的には余程悪い前世を送ったのであれば人間として生まれずに、地獄道や修羅道、鬼畜道、餓鬼道などに生まれて報いを受けているはずであり、それらよりも少し上の人間として生まれてきていると言う事はひと先ずある程度の償いは終えたか、もしくはそこまで悪い事をしたわけではないと言うことであるはずです。
前世やそれによる因縁など一部の仏教的な面を強調する割に、こういった六道への輪廻転生の話や、たとえ相手が悪人であろうと人を惑わしたり謗る事をしてはならないと言う教義はすっぽり抜け落ちているので不思議な事です。

仏教では人生は苦の世界であるとされていますので良くない事が続いたとしても不思議ではありませんし、かと言って苦しい事だけではなく楽しみもあるのだとされていますので、その内に良い事が続く事だって無いとは言えません。

具体的な前世の説明をされたからと言って、確かめようのない事をクヨクヨ気にしてネガティブな気分になっても良い事は起きません。
「ああ、そうなんだ。では、せめて今は少しでも正しく生きよう」
程度に思って、ポジティブな気持ちで自身に出来る程度の僅かな範囲で正しく生きるよう心がければいいと思います。

posted by 未熟な修行者 at 01:37 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

おはよう御座います。
ブログの更新を楽しみにしている者です。

私の父が生前に
人生辛いこと悲しいこと苦しいことが殆どだ、だから幸せを感じた時には感謝しているんだ。と
長い間勤めていた会社を去年辞めて、今は畑違いの仕事をしてます。
まだ51歳ですが、人生は修行だと思い一日一日を感謝しながら過ごしています。

当たり前のこと些細なことが一番の幸せだと思っています。

Posted by でこ at 2017年06月09日 08:34

わざわざありがとうございます。
確かに普通は変な人と思われるだけですから隠そうとする人の方が多いというのも納得でき、何の得にもならないのにわざわざ言うのもあやしいですね。
信仰がないので分かりませんが、前世という過去のことを今更言われたってという思いになりました。

仰る事よく分かりました。
くだらない事にお付き合いさせてしまい申し訳ありません。
考え過ぎないようにします。ありがとうございました。
Posted by まゆ at 2017年06月09日 15:47

そう言や、前にも変な奴だと思われてたって書いてたなwww
霊がどうこう言ってたら面白がる奴もいるけど、大半の奴は一歩引いた目で見るかもなぁ。
俺は見た事ないから霊の存在を完全に信じている訳じゃないし、金儲けしている霊能者とか大嫌いだけど、何らかいてもおかしくはないのかもなとは思ってる。

けど、そこに霊がいるなんて年中見境なしに言ってるやつがいたら、いちいち言う必要うねえじゃん、頭おかしいのか、って俺は思うだろうなw

すげえ悪い前世だったら確かに地獄とかに落ちてそうだな。前世も地獄もあるかどうかは知らんがw
と言うか前世って過去の事なんだから気にしたってどうしようもねえよな。
Posted by f at 2017年06月10日 00:10

おはようございます。
必要も無いのに、その場所の霊の存在を言うのは仰る通り意味がありませんね。

実は私も見えると言うお坊様を存じ上げております。私には見えませんので本当なのかは分かりませんけれど。
そのお坊様はその事を公にはしておらず、私は他のお寺のお坊様から聞いただけです。
もちろん、霊を口実にお金を取るような事もしておらず、普通のお寺さんと変わらぬ御供養しか受け付けておりません。

霊も前世も別の世界の事なので気にする必要は無く、今を一生懸命生きればいいだけの事と仰っておりました。
Posted by うめ at 2017年06月10日 09:37

単純に霊は見てみたいとか言ってしまいましたけど、見えたら見えたで苦労があるんですね。(ノд・。)

私の前世は何だったのかな。
能天気なので何言われても気にしないかも知れない(^◇^)
Posted by りん at 2017年06月10日 17:54

でこさん>
こんばんは。
こんなどうしようもないブログを楽しみにされては何か申し訳ないです。^^;
分かっていてもなかなか言えない言葉だと思います。
些細な幸せは大きな幸せです。そんな幸せを楽しんでいきましょう。


まゆさん>
こんばんは。
全然お気になさらずに。かえってネタを頂いて感謝しております。
気にし過ぎるのはよくありません。おおらかに受け止める程度でいいと思いますよ。


fさん>
こんばんは。
私は現在進行形で変な奴ですので。(笑)
信仰そのものもそうですが、何もかも信じなくたっていいのです。
なるほど、そういうこともあるのかもな、じゃ今は正しく生きようという程度で充分なのだと思います。


うめさん>
こんばんは。
私の場合もそうですが、年中霊の話をしていると勘違いされる事もあります。たまに見えるだけなのですがね。(笑)
良い御坊様が周りにいらっしゃいますね。儲けることが出来ると思うのですが、そこはきちんと分別を持っていらっしゃるのが素晴らしいです。


りんさん>
こんばんは。
苦労と言う程の大層なものではありません。若い頃は心無い言葉に落ち込んだりもしましたが、見えない人が信じないのは当たり前の事ですから仕方ないですね。
そうです、気にして捉われてしまうくらいであれば、能天気に気にしないくらいの方が良いです。


Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月11日 00:17

完全に信じてない奴は見た事ないものは受け入れられねえだろうから何言ってもそう思われるのかもなw
信仰も信じなくてもいいって言いきっちゃうのもある意味すげーなw
必要なきゃ信じねえのも当たり前って事か。

正しく生きるってのが、実際どういうことなのか難しいところだと思うけど。
Posted by f at 2017年06月11日 23:13

おはようございます。
暫く出来なかったお寺のお掃除のお手伝いをしてまいりました。おかげで気分もすっきりしました。

人生の岐路に立った際に縁を頂けたお坊様が素晴らしい方で、その流れで他にも何人かの素晴らしいお坊様方とも縁を頂くことが出来ました。きちっとした方々ですが堅苦しいだけでなく裏話などをお話下さったりと楽しい方々ばかりです。
Posted by うめ at 2017年06月12日 07:36

fさん>
こんばんは。
ですね、私でもそう思うと思います。(笑)
信仰は必要としている人の為のものであり、不要なら信じる必要も無いですし、強制するものでも強弁するものでもありませんので、それでいいのではと思っております。
正しく生きるという定義は確かに難しいですね。自分にとって正しい事が第三者にとっても正しいのかは分からないですね。
私自身はその定義として仏教の教えをおいているという感じです。守れていないことだらけですけれども。^^;


うめさん>
こんばんは。
ここ最近、ちょっとした御手伝いすらも出来ておりません。早く寝て早く起きるなどして時間を作ればいいと分かってはいるのですが、それがなかなか出来ないです。頭が下がる思いです。^^;
まさしく「御縁」ですね。
僧侶と言う立場上、堅苦しい雰囲気を敢えて作っていたりしますが、素晴らしいお坊様は人間的にも親しみを持てる方が多いですね。
お坊様の裏話は結構ビックリするような話も多いので私も聞くのは大好きです。(笑)

Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月15日 00:20

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179990902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック