負の感情

2017年06月02日

私の本業では、稀に人様の事情に少し介入する事があります。
かなり以前の話ですが、自殺されて間もない方のノートパソコンの中を調べている時に遺書を発見した事があります。もちろん勝手に調べた訳ではなくて、保存されているファイルを調べねばならない御依頼があった時に見つけたものです。

呪いのビデオだのの話を聞いたりする事がありますが、あの辺は基本的に故意に作られた物がほとんどです。
実際にはビデオやら、パソコンに保存されている物などから何らかを感じる事などまずありません。

しかし、そのノートパソコンを渡された時はとても強い負の感情を受け取りました。
なんと言えばいいのか、そのパソコンからはいわゆる霊的なもの自体ではなく、ちょっと質の悪い霊のまわりによく漂っている負の感情と同じような感覚だけが感じられるのです。霊がそのパソコンに憑いているのではなく、圧倒的な負の感情が纏わりついているという感じです。
急に視界が狭く暗くなった感じになり、そのパソコンに触るどころか近寄るのも嫌で嫌で、断りたいと思ったくらいでした。

実はこの時には自殺された方の物だと聞いていなかったのです。渡された後に
「実は持ち主は自殺してしまって・・・」
と聞いたのです。
実は見える時期に突入していた事もあり、本当はその話を聞いた時点で断りたかったのですが、良くして頂いているお客様を通しての御依頼でしたので断るに断れませんでした。

依頼された目的のファイルを探している最中に遺書のファイルを見つけてしまったのです。
遺書だと判断できるようなファイル名ではありませんでしたが
「このファイルの中身は見たくないな」
と思いました。
しかし、一応確認しなくてはなりません。
さすがに中身を全部読むわけにはいきませんが、何のファイルを確認するために開いて少し読みました。

詳しくは言えませんが、中身は周囲の人に対する恨み、妬み、嫉みのオンパレードでした。
もちろん凄まじい負の感情を感じます。途中までしか読んでいないのに、気持ちがどんどんダウン気味になってきます。私までが
「死んだ方が楽だよな」
という気持ちになってくるようなとても強い負の感情です。
これは宜しくないなと思ったので
「これは遺書のようですね」
と伝えてすぐに閉じました。

警察や保険会社や金融会社に証拠として見せなければならないので、万が一パソコンが起動できなくなった時を考え、念のためUSBメモリにコピーしておいて欲しいと言われました。
「こんな負の感情を増やしていいのか」
とも思いましたが仕方ありませんので、ファイルをコピーしました。
その後、何とか目的のファイルも見つけることができ、それらもコピーしました。

不思議な事にファイルをコピーしたUSBメモリからは負の感情はまったく感じません。
人によっては妙な影響を受けかねないのではと心配でしたので少し安心しました。

霊そのものではなく、負の感情と言いますか、負のエネルギーと言いますか、そういったものも人に大きく影響が及んでしまう事もあるのです。
たて続けに自殺者が出る場所とかなのに霊が全く見当たらないなんて事はざらにありますが、何らかのきっかけでそういった負の感情に触れてしまい、自殺まで引きずられるのかも知れません。

ちなみに、この後3日間ほど体調が悪いままでした。^^;

posted by 未熟な修行者 at 23:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

おはようございます。
以前の私もそうでしたから分かりますが、他人を呪ったり妬んだりする気持ちを持っただけで、物事が良い方向に向かう事は決して無いと思っております。
負の感情が人に与える影響は大きいのですね。

しかし、益々どういったお仕事をされているのかが謎になってきました。
Posted by うめ at 2017年06月03日 09:33

霊とかじゃないんですね。
でも、なんかすごく怖いのですが。:゚(。ノω\。)゚・。
人の強い思いって意外と凄い影響があるのかも知れませんね。
Posted by りん at 2017年06月03日 13:11

そんなもんを見る事がある仕事って何なのかそっちの方に興味があるわw

それはおいといて、霊とか関係無くて、感情だけと言うことか。
そもそも霊も強い感情なのかもな。強過ぎると姿として見えたりとかするんかもね。
Posted by f at 2017年06月03日 23:15

こわっ!
霊も怖いけど、遺書は生々しくて別の意味で怖い〜((+_+))
しかもそんな感情を感じる遺書なんて気味悪いなぁ。
Posted by かづさ at 2017年06月05日 19:34

う〜ん、そういう仕事はちょっとイヤねぇ。
そういうの結構多いの?

呪いのビデオなんてのは作意があるように思うけど、昔よくあった心霊写真ってのは?
そういうのも偽物?何も感じない?
Posted by 櫻子 at 2017年06月06日 15:27

はじめまして。
ここ1年ほど、かなり悪い事が立て続けに起きてまして、自称見える友人からは、私の前世が300年以上前の商家の主人でお金に物を言わせてたくさんの悪い事をしていたので、その因縁だと言われました。

彼女は普通の会社員なのですが、何の前触れもなく突然そこに霊がいるとか言い出したりするので、霊や前世の存在を信じる信じないを別として、彼女自身がうさんくさいと思っている人も多くいます。
ただ、100%ではないですけど言い当てることもあるので信用して相談する人もいます。

私自身は特に信仰も持ってませんし、そう言う事に敏感でもないですが、言われてしまうと気になってしまって、色々検索してみてますが霊能者のサイトはあやしいですし、そうでないところも暴言や中傷のコメントがあったりで躊躇してました。

偶然こちらのブログも見つけて読ませて頂いたのです。
個別の御相談は受けてないようですが、何処かに相談した方がいいのでしょうか?
もし何か簡単なアドバイスでもありましたら教えて頂けますか?
Posted by まゆ at 2017年06月06日 16:03

うめさん>
こんばんは。
私も結構酷かったので偉そうな事は言えません。(笑)
今は少なくとも思いだけでも清浄でありたいと思っています。
限界を超えた負の感情はかなり人に影響を及ぼすと思います。
私の仕事は別に変った仕事ではありませんよ。(笑)


りんさん>
こんばんは。
霊の話ではございませんが、霊よりも怖いかも知れません。
生きている人間でも強い負の感情があると、周りも影響されやすいのではないかと思います。でも、普通は敏感に感じ取って避けると思いますので、大きく影響されるまでになる事は少ないと思います。


fさん>
こんばんは。
いえ、それほど変わった仕事ではありませんよ。(笑)
霊は関係無くて感情だけですが、精神的に作用しやすいかも知れませんね。
仰る通り、もしかしたら霊も強い感情が姿となって見えているものと考えられなくも無いですね。


かづささん>
こんばんは。
例え何も感じなかったとしても見知らぬ自殺者の遺書は気味が悪いですね。
精神的にあっという間に持っていかれそうな強い感情でした。
霊の姿が見えないと言うだけで、影響としてはそこそこの霊から感じるくらいの強さでしたね。


櫻子さん>
こんばんは。
そういうのと言うのは、遺書を見つけるという事ですか。多くは無いですよ、でも今迄に3回あります。^^;
心霊写真ですか、残念ながら私が見た写真で何かを感じた写真というのはほぼありません。私が分からなかっただけの可能性もありますが。
故意に作ったか、誤操作とか光の加減とかで自然にそれっぽく写ってしまったものが大半ではないかと思います。
ただ、まったく無かったわけではありません。


まゆさん>
こんばんは。はじめまして。
個別の御相談とも言えますが、よくありそうな話なので、警鐘の意味も込めて時間がある時に記事で書こうと思います。
ただ、申し訳ないながらも今は書けませんので、とりあえず簡潔に御返事しておきます。
気にする必要も無いですし、気にしても仕方が無いです。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月07日 00:06

そう考えると人間の感情って凄いですよね。
私も危なそうなのは気付かないだけで自然に避けているんですかね(^◇^)
Posted by りん at 2017年06月07日 18:55

りんさん>
こんばんは。
人間思い詰めると凄いと言いますが、人に影響を与えるまでの感情と言うのは本当に凄いです。
まったく見えていないようなのに霊を自然と避けている人も結構いますから、不思議な事ではないとも思います。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年06月09日 01:41

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179932459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック