釈迦十大弟子B

2017年05月04日

引き続き、お釈迦様の十大弟子のお話しを書きます。

実際には経典により微妙な違いがある場合もありますので、既知の情報と違ったとしても笑って流して下さい。(笑)

富楼那
プルナ、フルナあるいはプンナとも呼ばれます。
富楼那というお弟子は複数人いたようですので、弥多羅尼という女性の子である富楼那という意味で、富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし)と書かれる事も多いかと思います。
日本での呼び方は「ふるな」が一般的かと思います。
出身も複数の説がありますので割愛しますが、お釈迦様と同い年であると言われており、十大弟子の中では一番早く弟子となったとも言われております。
柔和であり、弁舌に優れ、どんな人にも解りやすい説法をすると言う事で「説法第一」とされております。
阿難陀からも慕われ、また敬われていたとの事です。
晩年に故郷に赴いての説法をお釈迦様に願い出た際には、迫害や殺される覚悟をして尚説法に赴くつもりである事を宣言し、お釈迦様はその覚悟を褒め認めました。
余談ですが、迫害などがあろうとも耐え忍んで説法に赴き教化すると言うのは、富楼那に限らず多くの弟子達が普通に行なっておりました。と言いますか、敢えてそういう所に赴いている弟子が多いです。


迦旃延
カッチャーナ、もしくはカッチャヤーナと呼ばれます。
日本での呼び方は「かせんねん」が一般的かと思います。
出身も複数の説がありますが、その一つは生まれたばかりのお釈迦様(ゴウタマ・シッダルタ太子)がいずれ仏陀となるであろうと予言をしたアシタ仙人の元弟子であり、非常に聡明ではありましたが難解な偈文(教え)の意味が解読できず、お釈迦様に教えを請うた事がきっかけで弟子になったと言われています。ただ、弟子になった時期ははっきりと分かってはいないようです。
一度聞いた教えは忘れず理解できたと言われるほど聡明だったそうで、前述の富楼那とは少し違って哲学的な議論を得意としていたので「論議第一」と言われております。
(言い争うような議論の事ではありません、念の為)
故郷の王様から、お釈迦様に直に説法を聞きたいという依頼を受けましたが、お釈迦様から特に許されて自身が帰郷して布教に努めました。また、周りの王族と彼らの治める地にいる人々にも教えを説いて回りました。
更にはお釈迦様が入滅された後にも一心に布教に努め、迦旃延の布教がインドに仏教が大きく広がった要因であるとも言われております。

posted by 未熟な修行者 at 23:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この辺りの弟子は名前も聞いた事が無いな
二人とも賢いって事だな。
Posted by f at 2017年05月04日 23:36

実はお名前を見た事がある程度しか存じ上げないお二人です。

初期の仏教も多くの迫害を受けた事や、迫害されると分かっていても喜んで布教に出かけた事は存じております。
抵抗せずに亡くなられた方もおりますね。
Posted by うめ at 2017年05月05日 17:49

ふるなって聞いた事あるかも。
どこで聞いたかも覚えてないけど(^^;

すごいですよね、2000年以上前の人なのに。
Posted by りん at 2017年05月05日 22:56

fさん>
こんばんは。
あまり馴染みが無いかも知れませんね。
実は私もエピソードを良く知らないです。(笑)
お二方ともお釈迦様の弟子になる前に他で修行もしており、かなり聡明だったそうです。


うめさん>
こんばんは。
舎利弗様や阿難陀様に比べるとあまりお名前を聞かないかも知れません。
確かにお釈迦様の弟子は危険な地域にも赴いている方が多いですね。


りんさん>
こんばんは。
聞いた事ありますか。仏教を信仰している方でもこの辺りのお弟子さんの名前は知らない方も多いので、聞いた事があると言うのは驚きました。
すごいと言うのは、何に対してでしょう?2000年以上前の人なのに名前が伝わっていると言う意味でしょうか。勿論それも凄い事ですよね。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年05月07日 22:52

ありゃ(^^;
2000年以上前の人なのに私でも聞いた事があるって言うことがすごいな、と思ったんですw

仏教徒でも知らない人は多いんですか。
Posted by りん at 2017年05月08日 18:03

りんさん>
こんばんは。
御返事を書いておきながら反映するの忘れておりました、失礼致しました。^^;
なるほど、そういう意味でしたか。概ね合ってて安心しました。(笑)
熱心に信仰されている方でも知らない方は意外といらっしゃいますよ。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年05月10日 22:59

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179646935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック