釈迦十大弟子A

2017年04月23日

引き続き、お釈迦様の十大弟子のお話しを書きます。

実際には経典により微妙な違いがある場合もありますので、既知の情報と違ったとしても笑って流して下さい。(笑)

摩訶迦葉
大迦葉とも迦葉とも書きます。
マハーカッサパとかマハーカーシャパなどと呼びますが、日本での呼び方は「まかかしょう」が一般的です。
元々、幼い頃からバラモンとして修業をしていた方です。出家しようと考えていましたが家系の絶える事を恐れた親に結婚をさせられました。ですが、相手も出家しようと考えていた女性で、12年後に別れて二人とも出家します。
ちょうど同じ頃に出家したばかりのお釈迦様に出会い、どちらかが真理を悟ったら師弟関係となろうと約束しました。その後、真理を悟ったお釈迦様の噂を聞いて弟子となりました。
仏弟子の行なうべき十二の頭陀行(生活規則)を厳格に守ったため「頭陀第一」と言われております。
舎利弗と目連が亡くなってからは仏教教団の後継者と目されておりました。
お釈迦様の入滅後に教えが誤って伝わるのを懸念して最初の結集、つまり弟子達が集まり、それぞれが記憶しているお釈迦様の教えを確認し合い経典として編纂する集まりを開催しました。そのおかげで現代に仏教が伝わっているという大きな功績を為したわけです。
色々と伝説の多い方で、お釈迦様の弟子で従兄弟でもある阿難陀が連れ歩いていた弟子が気儘に還俗してしまった事を叱りつけたと言う事もあったそうです。
また、お釈迦様が入滅された時には弟子500人と説法の旅に出ており、彼が急ぎ駆けつけてお釈迦様の足に礼拝するまで火葬の薪に火が点かなかったそうです。


阿難陀
阿難とも書きます。アーナンダ、アナンと呼びます。日本でも「あなん」と呼ぶ事が多いです。
この記事にありますように施餓鬼会の起源となった事や、お釈迦様の従者として25年間付き従っていたので最も多く説法を聞いておりますので「多聞第一」とされております。
また非常に美男子であったために女性からよくモテた(決して靡かなかったそうです)と言う事でも有名です。
お釈迦様の養母(実母はすぐ亡くなっています)の出家の希望を叶えるため、お釈迦様を説得し女性の出家を認めさせたという話も有名です。
十大弟子の中では一番若くて悟りを得るのも遅かった為、他の弟子から窘められることも多くあったそうです。
お釈迦様が入滅された時にも未だ悟りを得られておりませんでしたが、その後修行に邁進し悟りを開く事が出来たと言われております。
前述した結集には摩訶迦葉から悟りを得ていないから参加を認めないと言われ、一心不乱に瞑想修行をし結集の日の朝に悟りを開いたとか、悟りは得ていないが一番多く説法を聞いて記憶していたので参加を認めざるを得なかったなど複数の説がありますが、結集には参加できてお釈迦様の説法を口述しました。
多くのお経の冒頭に「如是我聞」という言葉が良く出てきますが、これは「私はこう聞いた」という意味でこの場合の私と言うのは、多くが阿難陀の事であるとされております。
なお、お釈迦様の十大弟子の中では最も長生きで、120歳まで生きたと言われております。

posted by 未熟な修行者 at 22:28 | Comment(15) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

カッサパって何かで聞いたか読んだかした事あります。
バラモンが何かよく分からないけど(^^;
頭陀行ってズダ袋に関係あるんですか?

アナンダってお弟子さんは、イケメンだったのですね。
女性の出家を認めさせるとか優しかったのならそりゃモテますね。
怒られたり、悟りが遅かったりっていうのもギャップがあっていいのかも知れませんねw
Posted by りん at 2017年04月24日 13:24

宗派によってはお釈迦様の脇侍としてこのお二人も一緒に祀られていますね。
確か禅宗の宗派に多い気がしました。
Posted by ひより at 2017年04月24日 20:56

おはようございます。
以前に何かで読んだ時に混乱したのですが、摩訶迦葉様は火を崇拝するカッサパ兄弟とは関係ないのですよね?

阿難陀様は何となく末っ子体質な感じのお話しが多いのですね。
Posted by うめ at 2017年04月25日 10:09

美男子ってことはイケメンね(人´∀`)
あ、でも昔と今の美の基準は違うだろうからアレだけど。

施餓鬼会の話の中では後三日って言われてあわてたのに、それが120才まで生きたって凄〜い。
Posted by 櫻子 at 2017年04月25日 17:54

りんさん>
こんばんは。
バラモンは当時のインドにあった宗教の司祭とかの総称です。仏教でもバラモンと言う言葉は使っていたようですが。
ある程度修業を積んだ聖職者みたいなイメージでしょうか。
頭陀袋は元々修行者が身に着けていた袋の事です。現在では死に装束の一つとして故人に白い頭陀袋をかけますのであまり良いイメージではないようです。
阿難陀様のイメージそう捉えますか。なるほど、そういう感じ方をするのかと思いました。(笑)


ひよりさん>
こんばんは。
確かに禅宗系では脇侍としてお祀りされているお寺さんがあるかも知れません。
ただ、私自身はお二人が一緒に脇侍としてお祀りされているのは残念ながらまだ見た事がございません。
500人の弟子の結集を表した五百羅漢の中なら確実にお二方ともいらっしゃるとは思うのですが、さすがに見分けはつきませんし。^^;


うめさん>
こんばんは。
意外と勘違いされている方も多いので悩んだのですが、そこは関係無いかと思って割愛してしまったのです。
カッサパ三兄弟とは別の方です。同じ名前ですから当然ですが漢訳すると、この三兄弟も迦葉と書くそうなので間違いやすいですね。
どうやらカッサパと言う名前は当時は多かったようですし、他にも同じ名前の登場人物がたくさんいますので分かりにくいですね。
阿難陀様は女性目線から見るとやはりそういうイメージになるのですね。ちょっと面白いなと思いました。(笑)


櫻子さん>
こんばんは。
イケメンだったそうです。仰る通り当時の基準とは違うかも知れませんけれど。(笑)
施餓鬼会の由来になったお経も偽経と言われており、そういう目で見てしまうと、後三日って言われたのに供養したら120歳まで生きることが出来たんだぞと言うアピールに感じてしまうかも知れません。
なお、私個人は偽経だから云々はどうでも良く、供養の大切さを分かりやすく書いた素晴らしいものと認識しております。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年04月26日 00:23

おはようございます。
一人だけ十大弟子として認められたのかと思ったりもしましたが、やはり別の方で合っていたのですね。
Posted by うめ at 2017年04月26日 07:04

仏教って女性は成仏できないとかって話が無かったっけ?
だから当時は尼さんもいないのかと思ってた。
Posted by かづさ at 2017年04月26日 20:05

結婚相手も出家を考えていて、別れて出家するってのもよく考えるとすごい話しだなw
頭陀袋が死に装束にあるってのは知ってたけど、頭陀の修行に使う袋って事か。

従者として25年近くにいても悟れなかったのはお世話に忙しかったのかねぇ。
Posted by f at 2017年04月27日 00:20

うめさん>
こんばんは。
はい、別人ですね。ちなみに火の神を崇拝していた三兄弟の迦葉は三迦葉と言います。
弟子になったのは摩訶迦葉様より三迦葉の方が先だったと思います。


かづささん>
こんばんは。
尼さんは、比丘尼(びくに)と言います。原始経典には大勢の比丘尼が悟りを開いた事も書いてあります。
残念な事に一時期は女性蔑視があったのも事実ですが、女性は成仏できないという話は後代になって出来たものです。
また、原始経典の一部を悪意を持って、もしくは文章の前後を理解出来ないで抜粋すると女性の事を酷く言っているように見える所もあるのは事実です。


fさん>
こんばんは。
と言うよりも、相手も出家を考えていたので一応親の希望をのんで結婚したそうです。
頭陀袋はその通りで、托鉢時に首からかけている僧侶もおります。
阿難陀様は自分の修行より、お釈迦様のお世話を優先していたのかも知れませんね。


Posted by 未熟な修行者 at 2017年04月30日 00:07

そういう相手だったから結婚したって事?
なるほど、托鉢も頭陀と言う修行の内の一つって事か。
Posted by f at 2017年05月01日 23:35

fさん>
こんばんは。
親を安心させるためにも結婚せざるを得なくなりましたが、相手の女性も出家するつもりでしたので、それなら安心と思い結婚したそうです。
寝床を一つにする事もないままだったそうです。
御推察通り托鉢も頭陀行の一つです。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年05月04日 23:04

へ〜、そうなんだ。
キリスト教の事が書いてあるWebサイトに
仏教は女性蔑視しているって書いてあったのを見たんだよね〜。
Posted by かづさ at 2017年05月09日 21:41

かづささん>
こんばんは。
どんな宗教でも同じですが、時に他宗教を貶める事が書いてあるサイトがあります。残念な事ではありますが、そこまでいくと信仰ではなく妄信だと思います。
キリスト教との事ですが、キリスト教でも実は一部の派を除いて女性を平等に扱うようになったのは比較的近代になってからです。昔、日本に来たザビエルが故国などに送った書簡を見ると欧米でも女性が平等に見られていなかったことがよく分かります。
私は30年以上前に好きでよく読みましたが、新約聖書を読むとキリストは女性も平等に扱っております。
仏教でも同じなのですが、後世の一部の聖職者や僧侶、研究者が女性を蔑視したため、そういう暗い時代があったのです。
ちなみに仏教では比丘尼達の言葉が載ったテーリー・ガーターという原始仏典があります。

Posted by 未熟な修行者 at 2017年05月10日 23:20

あ〜、ごめんね。
答えにくいこと書いちゃったかも(;^ω^)
でも、言っている事はよくわかった!
今では信じられないようなルールを作るのは一部の力のある人だもんねぇ。

それより、新約聖書も読んでた時期があるってことに、ヘ〜って思った。
Posted by かづさ at 2017年05月13日 15:36

かづささん>
こんばんは。
確かに少々答えが難しい事ではありますが大丈夫です。気になさらないで下さい。
インドに根強く定着していたカースト制度すら仏教は否定しておりますので、女性を蔑視する事など本来は無いのです。
旧約も新約聖書も読んでおりましたよ、随分昔の事ですけど迷走していた時代に。(笑)

Posted by 未熟な修行者 at 2017年05月14日 23:50

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179532154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック